薬剤師転職・求人や年収比較 TOP > 薬剤師転職の流れ > 転職の基礎知識 > 転職するメリット・デメリット


転職するメリット・デメリット

薬剤師の転職にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?転職によって得られる利点や注意点などを紹介しています。

転職を考えたら

薬剤師さんだけではなく一般的な社会人もさまざまな理由で転職を考えるきっかけとなりますが、その中には「これまで培ってきたスキルをもっと伸ばしたい」「収入をもっと増やしたい」「未経験の業界や職種に飛び込んで異なる経験を積みたい」など、転職によって得たいメリットが必ずあるはずです。

以上のように転職によって得られるメリットだけではなく、「嫌な人間関係から脱却したい」「派遣の雇用契約が延長されなかった」などのマイナスの側面を理由に転職を考えることもあります。

転職先によって得られるメリットも異なる

もちろん転職をせずに現状のままで働き続けることができますが、20~30代のうちの転職は生涯賃金にあまり大きな影響が出なかったり、キャリアアップを早く積み直せるというメリットもあるので、転職を思いついたらできるだけ早いうちに転職のメリット・デメリットについて把握しておくようにしましょう。

また「仕事のやりがい」や「得られる経験・磨くことができるスキル」といった転職によるメリットをしっかりと受けられるのか、反対に企業側から考えて自分が持っている経験やスキルを活かして活躍することができるかどうかも判断して転職先の企業を選ぶことが大切です。

転職によるデメリットもあるので、転職で期待できるメリットとしっかりと比較した上で納得できる企業に転職するようにしましょう。

転職で期待できるメリット

    Check Point

  • やりがいを感じられる仕事内容
  • 収入アップや福利厚生の向上
  • 労働条件の改善、ライフワークバランス
  • 異なる職種やポジションへの挑戦
  • 専門知識・スキルアップ
  • 嫌な人間関係から脱却

転職を考えるきっかけとしてよく挙げられる理由が「仕事のやりがい」です。ドラッグストアに勤務しているけどもっと専門的に医薬品に関わりたい、調剤薬局でも在宅医療に力をいれている企業で経験を積みたい、治験機関で新薬を創薬するお手手伝いをしたい、などです。

また転職をきっかけに管理職や指導者のポジションを任されることもあります。これまでにない経験を積むことができたり、収入をアップさせることも可能です。企業によっては育児休暇や短時間勤務制度、託児所付きなどママ薬剤師にうれしい福利厚生を充実させているところもあります。

通勤時間が長い、土日勤務や深夜当直がある、転勤が多いなどの不満が大きい労働条件を改善させることもでき、家族との触れ合いや趣味の時間といった理想的なライフワークバランスを目指すこともできます。

前職の人間関係が原因で退職・転職を考えておられる薬剤師さんも、新しい職場で良い人間関係を築くことができれば働きやすくなります。転職サイトの担当者と動向して企業見学へ行ってみるのも1つの手です。

転職によるデメリット

    Check Point

  • キャリアを0からスタート
  • 収入ダウンや労働条件などの悪化
  • 人間関係や人脈の再構築
  • 期待していたメリットが得られない

転職によるデメリットの1つとしてまず挙がるのがキャリアチェンジによる弊害です。企業によって評価制度は異なりますが、調剤薬局やドラッグストアでは入社3年目以降から店長候補、7年目以降でエリアマネージャー候補など、入社後の年数に応じて昇進の規定が設けられているところがほとんどです。

もちろん中途採用向けのキャリア制度があったり、実力やスキルを認められて早く昇進する可能性もありますが100%保証されているわけではありません。生涯年収にも影響が出てくるので、人生設計や住宅ローンや奨学金の返済、生命保険の保険料の払込みを見直す必要があります。

また試用期間中は収入が下がったり、転職前より福利厚生が少なくなったりすることもあるので、事前のしっかりとした調査が大切になってきます。特に子育て中のママ薬剤師さんは短時間勤務制度やマイカー通勤、託児所の有無なども生活スタイルに大きな変化を生むので注意が必要です。

転職後に新たな人間関係を構築したり、1から人脈を拡げていく負担も増えます。以前の職場との違いに大きなストレスを感じたり、また予想していたようなやりがいを感じられなかったりする場合は、転職したことを後悔してしまうということにもなりかねません。

転職を失敗させないために

転職を失敗させないためにも、転職を考えたらまず転職の目的をはっきりさせるようにしましょう。自分は何のために今の職場を辞めるのか、転職によって何を得たいのかリストアップして紙に書き留めておきましょう。

そして得たいメリットに優先順位をつけ、ガマンできるところとガマンできないところもはっきりさせましょう。例えば、「仕事のやりがいは譲れないけど通勤時間は多少我慢できる」「勤務時間は長くなっても仕方がないけど年収700万円以上は譲れない」などです。

そして最後に転職の理由と大まかな計画を家族や友人に相談してみましょう。自身では気付かない問題点なども指摘してくれますし、特に家族の同意が無いと転職による負担を押し付けてしまうことにもなりかねません。

転職で悩む女性

転職によるデメリットを無くすために最も大切なのは、メリットが得られるかどうか事前にしっかりと調査・確認を行うことです。「固定給は月給なのか年俸制なのか、賞与は年に何回あるのか」「育児休暇の取得率は高いのか」「交通費や持株会など手当や福利厚生は充実しているか」など、細かい点までしっかりと把握することが大切です。

調査方法としては求人サイトやハローワークの求人票、企業の公式ホームページ、知人・友人からの情報、口コミサイトなどを活用しましょう。またしっかりと自己分析を行ったり企業・業界調査を行わないと転職に失敗してしまうことになります。

薬剤師専門の転職サイトに登録すれば、専任の担当者が上司の人柄や仕事内容について分かりやすく説明してくれたり、希望する企業の見学にも同行してくれたりもします。もちろん転職のアドバイスやオススメ求人も紹介してくれるので、いくつかの求人サイトに登録して転職活動を進められることをおすすめします。

転職によるメリット・デメリットのまとめ

  • 転職を考えるきっかけとなった理由を明確にする
  • 転職で得られるメリットを洗い出し優先順位をつける
  • 家族・知人だけではなく、専門のコンサルタントにもよく相談する

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録してプレミアム求人を見つける ↓↓↓

↓↓↓ 派遣薬剤師の高時給案件を探すならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加