薬剤師転職・求人や年収比較 TOP > 薬剤師転職の流れ > 転職の基礎知識 > 履歴書・職務経歴書の書き方


履歴書・職務経歴書の書き方

転職を行う上で履歴書・職務経歴書はどのように書けばいいのでしょうか?それぞれの書き方ポイントなどを解説しています。

採用される履歴書・職務経歴書とは

「履歴書」や「職務経歴書」は単純に応募者プロフィールを書いているだけではなく、応募者の細部まで表わすことができる書類です。採用側は写真の選び方や文字の丁寧さ、空白が少なくないか、などさまざまな点をチェックし応募者がどのような人なのかをイメージします。

履歴書のサンプル

また人気が高い求人には数多くの応募があるので、他の応募者よりも優位に立つ必要があります。そのためには転職先の企業で発揮できるスキルや経験をアピールするだけではなく、志望動機や自己PRをはじめ、添え状といったちょっとしたところまでも気を抜かずに書きたいところです。

履歴書のポイント

    Check Point

  • 誤字脱字がなく丁寧に書かれているか
  • 好印象を与える写真を選んでいるか
  • 応募企業に向けた志望動機かどうか
  • 希望条件や通勤時間などをきちんと示しているか

まず基本的なことですが、履歴書の文字が読みやすく丁寧に書かれているかがポイントととなります。仕事は営業先やお客さんに対して何かしらの説明やプレゼンを行う必要があるので、履歴書できちんとした説明ができていないと採用を見送られる可能性が高まります。

同様の理由から清潔感があり主張しすぎない服装や髪形かどうかも写真からチェックされます。特に薬剤師という職種は公衆衛生に関わることもあるので、清潔感が感じられる写真を選ぶようにしましょう。また患者さんへの服薬指導を行うこともあるので、口角を上げたりなどの工夫を施して親近感を与えられる写真を選ぶようにしましょう。

履歴書の志望動機欄には「業界」「職種」に対する転職理由ではなく、「応募企業」に対する転職理由を記載しましょう。「御社では○○という特徴があることを知り、、、」などを文中に入れるのがおすすめです。

希望する年収や福利厚生、休日などはしっかりと記載しておきましょう。転職サイトを利用する場合は担当者からあらかじめ採用情報を教えてもらい、希望に合った企業に応募することで失敗を回避できます。

職務経歴書のポイント

    Check Point

  • これまでの職歴・経験を簡潔に記載できているか
  • 自身の性格や強みをアピールできているか
  • 納得できる志望動機になっているか
  • ブランクや不足している知識・スキルへの対応
  • 退職理由に不明な点はないか

職務経歴書ではこれまでの経歴要約と職歴、実績(ポジション)、前職の退職理由、志望動機を記載します。これらを簡潔に分かりやすく記載して、採用者に理解してもらいやすいように工夫しましょう。

またこれまでの職歴から得た経験やスキル、工夫したことによる成果・実績などをアピールすることも大切です。例えば、オリジナル販促POPの作成を行い売上10%アップ、他店舗との情報共有のための業務管理システムの提案、といった売上アップや業務コスト削減につながるものがアピールポイントになります。

退職理由としてはポジティブな理由を記載するのが無難です。新しいスキルを習得したい、より専門性を高めたいなどの理由をアピールし、応募企業の特徴と合致していることが望ましいです。

他にも郵送する際の添え状や「履歴書・職務経歴書在中」の朱書きなど、細部にいたるまで社会人・薬剤師として採用する企業で活躍できるかどうかをチェックされます。応募企業が複数ある場合は作業量も増えますが、1つ1つ丁寧に申込みすることが採用率を上げるポイントです。

薬剤師専門の転職サイトに登録すると、専任の担当者が履歴書や職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれるだけではなく、中には面接に同行して聞きづらいことを代わりに質問してくれたりもします。年収が高い非公開求人も紹介してくれるので、まずは複数の転職サイトに登録するところからスタートしましょう。

履歴書・職務経歴書の書き方のまとめ

  • 履歴書や職務経歴書の細部までチェックされる
  • 応募企業に関する志望動機を記載し、これまでの経験をアピールする
  • 転職サイトのコンサルティングサービスを利用して推敲を重ねる

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録してプレミアム求人を見つける ↓↓↓

↓↓↓ 派遣薬剤師の高時給案件を探すならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加