薬剤師転職・求人や年収比較 TOP > 薬剤師転職のポイント > ケーススタディ > 20代(新卒)薬剤師の転職ポイントと注意点


20代(新卒)薬剤師の転職ポイントと注意点

新卒や20代の薬剤師が転職するケースはどのような事例なのでしょうか?ポイントと注意点などを解説しています。

20代(新卒)薬剤師が転職するケース

薬学部を卒業して国家試験に合格後、新卒で入社した会社をすぐに退職して別の企業へ転職したり、2~3年の経験を積んで20代で転職するのはどのようなケースが多いのでしょうか?

1つは一般的な職業と同じで、仕事にやりがいを感じられなかったり、給料や手当・福利厚生など待遇に不満を感じたり、人間関係が良くないという理由で転職するケースです。新卒で就職する前のイメージと、実際に働いてみた現実との間にズレを感じることもよくあります。

また現状の職場に大きな不満は無いけれど、より高いレベルを目指して違う職種にチャレンジしたりスキルアップを目的に転職する薬剤師さんもたくさんいます。地域医療を勉強するために僻地に赴いたり、または治験機関や大学の研究員として違うキャリアを歩むこともあります。

20代後半になると結婚をきっかけにして退職したり、引越しを伴う場合は勤め先を変えざるを得なくなることもあります。特に女性薬剤師は出産のために育児休暇や託児所ありなど、ママ薬剤師に充実した福利厚生を備えている企業へ前もって転職するケースも多いです。

20代で転職するメリット、デメリット

20代で転職するメリットとして、早いうちにキャリアプランを修正できるという点があります。やりがいや年収など自身の希望とマッチする職種や企業へと転職することによって、自分に合った場所で長く働き続けることができるチャンスとなります。

また若いうちのキャリアチェンジは生涯年収に大きく影響することがなく、高く評価してくれる企業を選べば生涯年収を増やすことも可能です。もちろんMRやMSといった平均年収が高い職種への転職もしやすいので、転職の方針をしっかりと立てることでメリットが大きくなります。

反対に20代のうちに2~3回と転職を繰り返すと、面接時で必ず転職の理由を聞かれることになります。人間関係や年収の不満だけで転職を繰り返すとマイナスの評価にもつながるので、1つ1つの転職を失敗しないように慎重にじっくりと実行することが大切です。

20代で転職する場合の注意点

    Check Point

  • 初めて転職を経験する
  • 転職先の研修制度、スキルアップについて
  • 30代のキャリアプランを

まず注意しなければいけないのが、初めて転職を経験するケースです。転職サイトへの登録やコンサルタントとの面談、また退職の手続き、入社の準備などさまざまなプロセスを初めて経験することになるので、計画をしっかりと立てて1つ1つ進めていくことが大事です。

また転職先でしっかりとスキルアップできるか確認しておきましょう。研修制度や学会・勉強会への参加など、職種に必要な知識・スキルだけではなく、最新の医薬品情報についても研修を受けられる環境が整備されている企業を選ぶことがポイントです。

そして転職を機会に30代のキャリアをイメージしておきましょう。転職後の職種・企業で30代もキャリアを重ねていくのか、または、土台として新たな場所へとステップアップの過程とするのか、具体的なイメージをしておくことで希望する求人を絞りやすくなります。

20代(新卒)での転職のまとめ

  • 早めにキャリアチェンジし年収を増やすことも可能
  • 研修制度などスキルアップできる環境が整備されているか確認
  • 初めて転職を経験する場合はコンサルタントとよく相談する

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録してプレミアム求人を見つける ↓↓↓

↓↓↓ 派遣薬剤師の高時給案件を探すならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加