薬剤師転職・求人や年収比較 TOP > 薬剤師転職のポイント > ケーススタディ > 30代(30歳)薬剤師の転職ポイントと注意点


30代(30歳)薬剤師の転職ポイントと注意点

30代の薬剤師が転職するケースはどのような事例が多いのでしょうか?ポイントや注意点などを解説しています。

30代(30歳)薬剤師が転職するケース

薬剤師は一生のうちで平均3回の転職を経験すると言われていますが、30代で転職を経験する薬剤師はかなり多いです。20代で転職する場合と異なりやりがいや人間関係を理由として転職する人は少なく、結婚や出産などプライベートを重視して新しい職場や職種へ転職を希望する人が多く、ライフイベントの変化によって転職を考える機会が増えるためです。

一般的な職種の転職と同様に「転職は35歳まで」という通説もあることから、30代前半で一度これからのキャリアプランについて見直しを行うことも大切になってきます。

30代の他の転職理由としては、ある程度の経験を積んでいるということもあり違う職種で異なる分野のスキルアップ、より高い年収を求めて管理薬剤師やドラッグストアの店長などの管理職ポスト、反対に働きやすさを求めて正社員からパートや派遣社員など雇用形態を変える目的で転職される薬剤師さんも多いです。

30代で転職するメリット、デメリット

30代で転職するメリットとして、これまでの薬剤師としてのキャリアや経験を活かして転職活動できるという点です。調剤薬局やドラッグストア、治験関係やMR・MSなど、一定の専門知識やスキルを持った上で他の職種へ転職することは経験が無くてもプラスの評価にもつながります。

また薬剤師同士の横のつながりや取引先との情報交換によって、業界情報などもある程度理解した上で転職活動できるのも大きなメリットです。残業や休日数、収入や手当などもだいたい把握できるので、転職後の働き方やライフスタイルをイメージしやすいのも特徴です。

35歳までの転職は採用する雇用主側としても教育投資の対象とみなしてくれるので研修や勉強会への参加もしやすくなります。これまでの経験を活かして同職種へ転職する場合でも、年収を大きく上げたり福利厚生が充実している企業へ転職できる可能性もあります。

反対にデメリットとしては生え抜きの幹部候補としてキャリアを積んでいく道が無くなります。ある企業でマネジメント研修を受けていても、会社によっては経営方針も異なるので1から勉強し直す必要があります。

30代で転職する場合の注意点

    Check Point

  • 管理職ポストへの就任
  • 年収の変化
  • 他業種へのチャレンジ

薬剤師が30代で転職をする場合に気をつけなければいけないのが、管理職やマネジメントを担当する役職についてです。これまで店長補佐や管理薬剤師補助などの経験があれば、転職を機会にして管理職へスムーズに就くこともできます。経験が無ければ店長研修、マネジメント研修などの研修制度が充実している転職先を選ぶのがおすすめです。

また転職によって年収が大きく変わる可能性があります。特に年収が下がってしまう場合は住宅ローンや学資保険の積立などを見直すことが必要になってきます。家族とよく相談して転職に賛成してもらうことも、新しい職場でスムースに働く上で大切なポイントです。

他業種ややりがいを求めて他の職種へ転職を希望する場合、未経験で1からスキルを覚えることになるので30代がラストチャンスになります。転職サイトのエージェントなどを通して転職先を実際に訪れたり、先輩の話を聞ける機会を設けてもらうようにしましょう。

30代(30歳)での転職のまとめ

  • 他職種へ未経験でも転職しやすい
  • 管理職へ就けば年収を大きく上げることも可能
  • プライベートを重視して働きやすい求人を探す

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録してプレミアム求人を見つける ↓↓↓

↓↓↓ 派遣薬剤師の高時給案件を探すならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加