薬剤師転職・求人や年収比較 TOP > 薬剤師転職のポイント > ケーススタディ > 年収800万円以上の求人・転職先


年収800万円以上の求人・転職先

年収800万円以上の求人にはどのようなものがあるのでしょうか?職種やポジションの特徴、転職する場合の注意点などを解説しています。

年収800万円以上の求人とは

薬剤師の平均年収はおよそ533万円となっていますが、年収800万円を超える職種や求人にはいくつかの特徴があります。調剤薬局やドラッグストアといった職場では、管理薬剤師やドラッグストアの店長、エリアマネージャーといった管理職が年収が高めになっています。

薬剤師が活躍するその他の職種では、製薬会社の開発職やMR、医薬品卸のMSといった営業職で高い年収を得られます。中でもMRは20代でも年収800万円以上を狙うことができる平均年収が高い職種です。

年収800万円以上のケース

    Check Point

  • 管理薬剤師、ドラッグストアの店長
  • 製薬会社の開発担当、MR
  • 医薬品卸のMS
  • 治臨床開発モニターのプロジェクトリーダー
  • 大学教員

年収800万円以上が期待できる職種の1つが調剤薬局の管理薬剤師です。ただし管理薬剤師の平均年収は650万円ほどとされており、800万円の年収を得るためには認定薬剤師の資格取得やこれまでの実績が必要です。

ドラッグストアの店長やエリアマネージャーといった管理職は平均年収が高めになっていますが、管理薬剤師と同様にこれまでの実績や認定資格、店舗経営のスキルなどが年収をアップさせる評価の対象になります。

また僻地などの地方勤務も年収が高くなっており、派遣薬剤師も時給が3000円以上の求人で数多く募集されています。

製薬会社の開発職も実績次第で30代のうちに年収800万円以上となることができます。他にもMRやMSといった営業職は年収が高い職種で、特に大手製薬会社のMRは年収1000万円を超えることも可能です。

年収800万円以上を狙う転職の注意点

上記の例以外にも治臨床開発モニターのプロジェクトリーダーや大学教員なども年収800万円以上が狙える職種です。ただしどちらも専門的に高いスキルや実績を持ち合わせていたり、学会・学術発表などでの評価が無いと就くことができないので、薬剤師の一般的な転職先としては候補に挙がりにくい職種です。

製薬会社MRや医薬品卸MSといった営業職は若いうちから経験を積むことがキャリアアップに関わってくるので、年収アップと同時にキャリアアップを考えている方は早めに転職活動を開始されることをおすすめします。

調剤薬局やドラッグストアの管理職、派遣薬剤師の僻地勤務などは仕事のスタイルも大きく変わるので家族と相談して転職を決めることも大切です。薬剤師専門の転職サイトではプロのコンサルタントがおすすめの企業や職種を提案してくれるので、年収アップの転職でお悩みの薬剤師さんは一度相談に乗ってもらわれることをおすすめします。

年収800万円以上の求人・転職先のまとめ

  • 管理薬剤師や店長、エリアマネージャー、プロジェクトリーダーなどの管理職
  • 1つの職種で培ってきた高い専門知識・スキルと実績が必要
  • 地方勤務の場合は年収アップも期待できるが生活スタイルとのバランスを考慮する

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録してプレミアム求人を見つける ↓↓↓

↓↓↓ 派遣薬剤師の高時給案件を探すならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加