薬剤師転職・求人や年収比較 TOP > 薬剤師転職のポイント > 薬剤師転職にまつわるQ&A > 地方勤務と都会勤務の違い


地方勤務と都会勤務の違い

地方で働く場合と都会で働く場合はどのような違いがあるのでしょうか?それぞれの特徴や田舎で働く場合の注意点などを紹介しています。

地方で働くという選択肢

薬剤師の求人の中には「年収700万円以上」「住宅手当10万円」など、待遇や手当が手厚いものがあります。そのほとんどが地方都市や僻地といった薬剤師が不足している地域の求人です。

地方(田舎)は医療従事者がなかなか集まらず、給料や手当を充実させて求人募集を行っています。家賃など店舗運営にかけるコストもかからないので、人件費にお金をかけられるという事情もあります。

一方、都市部では薬剤師の数が十分に足りてきており、他の薬剤師との比較で年収が変わってくるようになりました。国家資格を持っているだけではなくプラスアルファの能力・スキルが求められるようになり、ゆとりを持って働きたいという薬剤師さんにとって地方で働くことにメリットが生まれています。

地方と都会の違い

地方 都会
収入 高い 低い
生活費・家賃 安い 高い
忙しさ 勤務地による 普通
利便性 不便 便利

収入面では地方で働く方が圧倒的に高くなっています。東京や大阪で募集されている一般的な調剤薬局の求人では500~600万円の間がほとんどなのに対して、地方の場合は700~800万円とおよそ200万円以上多くなっています。

また借り上げ社宅や住宅手当なども充実させているケースも多いので、生活費などのコスト面でも安く済ませることができるので一定の貯蓄をしやすいというメリットもあります。

また1人1人の患者さんと向き合って仕事がしやすく、薬歴やお薬手帳を徹底して管理することもできます。僻地や過疎地では医師・看護師と連携して在宅医療を行うこともあり、地域医療を実践して経験を積みたいという方にもおすすめです。

忙しさは就職先によって異なり、処方せんが40枚程度のところもありば100枚近くを処理しなければいけない忙しいところもあります。面接時にきちんと質問し、転職エージェントからも事前に確認してもらうようにしておきましょう。

地方勤務を考える際の注意点

    Check Point

  • 家族の意見
  • 収入以外のプラスポイント
  • 勤務期間

地方勤務を検討する際にまず注意したいのが家族の意見です。同居している家族がいれば引越しを伴うこともありますし、賛成・反対の意見をしっかりと聞いて判断するようにしましょう。Uターンで帰省する場合もよく相談し、実家に住む場合の住宅手当などについても担当者に確認しておきましょう。

反対に20代や独身の薬剤師さんにはおすすめです。特に奨学金の返済がまだ終わっていない方や留学費用を貯蓄したい方にとって、地方勤務でまとまったお金を作り返済などに充てることができます。

また勤務する地域にプラスアルファのものがあると働きやすくなります。例えば登山や釣りを趣味に持っている人は近くでアウトドアを楽しめる地域を選んだり、また震災の復興を手助けしたいという薬剤師さんは東北地方で勤務するというのも1つの選択肢です。

求人の中には高額収入で派遣として働くものもあるので、いつかは都心部に帰ってきたいという方は期間を限定して働くという形もあります。自らの手で地方の求人を探すことは難しいので、まずはいくつかの転職サイトに登録して担当者に相談されることをおすすめします。

地方勤務と都会勤務の違いのまとめ

  • 地方勤務は収入が高く住宅手当なども充実している
  • 収入以外のプラスアルファを見つける
  • Uターンの場合でも家族とよく相談して決定する

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録してプレミアム求人を見つける ↓↓↓

↓↓↓ 派遣薬剤師の高時給案件を探すならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加