薬剤師転職・求人や年収比較 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の職種 > CRC(治験コーディネーター)の仕事・年収と将来性


CRC(治験コーディネーター)の仕事・年収と将来性

CRC(治験コーディネーター)で働く薬剤師の仕事内容や年収、求められるスキル、将来性などについて解説しています。

CRC(治験コーディネーター)の仕事内容と年収

CRC(Clinical Research Coordinator、治験コーディネーター)は医療機関(大学病院など)の治験進行を支援するSMO(治験施設支援機関)に所属し、治験担当医師やCRA(臨床開発モニター)と連携しながら適切な治験実施をサポートするのが主な業務です。

CRC(治験コーディネーター)の業務
仕事内容 概要
治験開始前の準備 CRAが開催する勉強会で治験内容の把握、医師・看護師へ説明するための資料作成、治験に使用する医療機器の手配・管理など
被験者への対応 治験参加者(被験者)の募集、治験内容の説明(インフォームド・コンセント)、治験薬の服薬管理、治験者の精神的なケアなど
治験実施医療機関への対応 担当医師・看護師への治験内容の説明、症例報告書(CRF)の作成補助など
治験関係者との連携 CRO所属のCRA(臨床開発モニター)への連絡、担当薬剤師・検査技師への連絡など
製薬会社への対応 治験実施状況の報告、有害事象対応、症例報告書の作成・提出など

治験を実施する前にCRO(受託臨床試験機関)に所属するCRAが開催する勉強会に参加し、治験内容について説明を受け理解を深めます。その後CRCがスタートアップミーティングを開き、担当医師や検査技師・薬剤師・看護師、製薬会社担当者と治験実施計画書(プロトコル)や担当する治験業務について確認を行います。

その後は治験責任医師をサポートする形で治験参加者(被験者)に対しての治験内容の説明やスケジュール管理、症例報告書(CRF)の管理や作成支援を行います。また実際の治験が実施基準(GCP)に基づいて適正に行われているかチェックし、必要な書類を作成し最終的には依頼者である製薬会社に提出します。

CRCの平均年収は400 ~ 600万円となっており、安定した収入・昇給が望める職種です。治験に参加してくれる患者さん一人一人と向き合い、医薬品に使用される新しい成分の効果を実際に検証し、新薬開発に貢献できるのがCRCとして働く大きな魅力です。

CRC(治験コーディネーター)に求められるスキルや資格

    Check Point

  • 1:治験全体に関する幅広い知識
  • 2:コミュニケーション能力
  • 3:薬剤師の資格
  • 4:認定資格

CRCの仕事内容は主に以上のようになっており、業務を行う上で治験全体に関する幅広い知識やコミュニケーション能力が必要となります。治験参加者に対する治験内容の説明(インフォームド・コンセント)は大切な業務で、特にがん・中枢神経分野の医薬品・医療機器の治験には患者さんに対する精神的なケアもCRCに必要なスキルです。

薬剤師の資格があるとCRCへの転職には有利で、薬学の知識・スキルを生かして業務に役立てることができます。調剤薬局や病院で服薬指導の経験がある薬剤師さんは、インフォームド・コンセントと重なるところもあるので経験を生かすこともできます。

CRCは未経験の方でも応募可能としているところも多く、研修制度を充実させているSMOも増えてきています。特にSMO協会の「公認CRC制度(認定資格)」の資格取得を支援するSMOもあるので、医療系や理系の学部出身者以外でもCRCとして就職・転職することは可能です。

CRC(治験コーディネーター)へ転職するメリット・デメリット

    メリット

  • 専門性の高いスキルを磨くことができる
  • 患者さんと接する機会が多い
  • マネージャー職になると大きな収入アップ
  • 休日も多く福利厚生が充実している
  • 薬剤師の資格を生かすことができる

CRCとして働く大きなメリットは、治験を実施する医療機関側の業務支援を行うという専門性の高いスキルを磨くことができるという点です。治験前の準備や治験担当医師やCRA(臨床開発モニター)、担当技師などとの調整、症例報告書(CRF)の作成など、SMO(治験施設支援機関)で働く上で必要とされる専門スキルを業務を通じて磨くことができます。

治験内容を説明する「インフォームド・コンセント」や「服薬指導」で治験参加者と接する機会も多く、患者さんからさまざまな相談を受けることもあります。治験薬や検査キットの管理をはじめ薬学的な知識・スキルが役立つので、薬剤師の資格を保有している人はCRCとして活躍の幅も広がりやりがいも感じやすいというメリットがあります。

CRCとして専門的なスキルアップしていくことで、PL(プロジェクトリーダー)などのマネージャー職に就けば年収800万円以上などの大きな収入も期待できます。また週休2日で夜勤もないところがほとんどなので、ワークライフバランスを重視したい方や兼業主婦の薬剤師さんでも働きやすい職種です。

SMOの男女比は平均的に3:7となっており女性が多い職場です。そのため各種保険や健康診断はもちろん、育児休暇や産後の職場支援制度、また認定資格取得のための研修を積極的にサポートしてくれるところも多いのもCRCのメリットの1つです。

    デメリット

  • 治験進行のまとめ役なので気づかいが多い
  • 医療機関へ直行・直帰など通勤が不規則

CRCとして働く際のデメリットは、さまざまな関係者に気を配る必要があるという点です。治験担当医師や看護師、検査技師、薬剤師、製薬会社や治験参加者、CRO所属のCRA(治験開発モニター)などさまざまな担当者と関わり合って臨床試験は進行しますが、CRCはそれぞれの立場を尊重してスムーズに治験が進むように調整を行う必要があります。

また治験参加者への精神的なケアや依頼者である製薬会社への報告・必要書類の準備作成など仕事が多岐にわたっているので、慣れるまでには苦労することも多いようです。

CRCは治験を実施する医療機関(大学・国立病院やクリニック)に直行したり、直帰することも多いので担当する医療機関の所在場所によって移動時間や通勤時間が多くなるというデメリットもあるので注意が必要です。

治験コーディネーターへ転職する前のチェックポイント

    Check Point

  • 研修制度(認定資格)の内容
  • 勤務地と担当医療機関の所在地

CRCへ転職する前に確認しておきたいのが、未経験採用の場合にどのような研修制度を受けられるかという点です。特に協会団体が設けている認定資格(公認CRC制度など)を習得するための研修会参加ができるかについて必ず確認しておきましょう。

またデメリットにも記載しましたが、所属するSMOによって担当医療機関も異なるので自宅からの通勤が不規則になることがあります。車での移動をすることもあるので自動車運転免許が必要になったり、直行・直帰に長時間の通勤時間となることもあるので面接時などに確認しておきましょう。

CRCの求人情報は薬剤師専門の転職サイトに数多く掲載されています。より条件の良いCRCの求人を探すために複数の転職サイトに登録し、エージェントから非公開求人など幅広い転職先候補を探されるのがおすすめです。

CRC(治験コーディネーター)の将来性

臨床試験を実施する医療機関(大学病院や国立病院など)のほとんどがSMOに治験業務のサポートを委託しており、CRCの人材不足が続いていることからも今後も安定したニーズがあると予想されています。

CRCによる説明

またCRCは安定して年収が上がっていくので、年に1度の昇給があるSMOがほとんどです。経験者数も少ないのでキャリアを積むと昇進しやすく、PL(プロジェクトリーダー)などの管理職になると大きな収入アップも期待できます。

CRCへの転職は薬剤師専門の求人サイトに登録して検索されるのがおすすめです。非公開求人や祝い金がもらえる転職サイトもあるので、失敗しない転職のためにも複数のサイトに登録して比較検討してみましょう。

参考リンク
・日本SMO協会:「公認CRC制度

CRC(治験コーディネーター)のまとめ

  • SMOに所属し医療機関側の治験業務をサポートする
  • 治験に関する知識やコミュニケーション能力が求められる
  • CRCの人材不足が続いており、安定した収入アップも期待できる

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録してプレミアム求人を見つける ↓↓↓

↓↓↓ 派遣薬剤師の高時給案件を探すならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加