薬剤師転職・求人や年収比較 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の職種 > 調剤薬局(保険薬剤師)の仕事・年収と将来性


調剤薬局(保険薬剤師)の仕事・年収と将来性

調剤薬局で働く薬剤師の仕事内容や年収、求められるスキル、将来性などについて解説しています。

調剤薬局勤務の仕事内容と年収

調剤薬局に勤務する場合の主な仕事内容として、「調剤業務」と「服薬指導」「薬歴管理」があります。調剤業務は医師や歯科医師が処方した処方せんに従って、正しい種類と量の薬を調製することです。

また患者さんが正しく薬を使えるように飲み方や回数などの服薬指導を行い、患者さんの症状や状態に合わせて薬の種類を変えたり大きさを変えたりもします。アレルギーや飲み合わせなどで副作用が起きないように過去の服用履歴を管理し、薬剤服用歴して記録を残します。

調剤薬局勤務の薬剤師さん

調剤薬局で働く薬剤師の平均年収は400~600万円ぐらいで、管理薬剤師になるとさらに年収が増えます。ただし「医薬品管理」の仕事も増えるので、経験を積みスキルを磨いておくことも大切です。

調剤薬局で働くやりがいは、患者さんと顔を合わせて会話することができ、自分の工夫次第で薬が飲みやすくしたりできる点です。また在宅業務では寝たきりの高齢者や要介護者の自宅まで薬を届けたり、患者さんから直接お礼の言葉を言われるのが調剤薬局で働く大きな魅力です。

調剤薬局勤務で求められるスキルや資格

    Check Point

  • 1:コミュニケーション能力を生かして患者さんの心身の状況を聞き取り、わかりやすい服薬指導を行う
  • 2:処方せんを正しく読み取り、正確で素早い、患者さんの立場に立った調剤
  • 3:管理薬剤師の経験、調剤薬局事務や自動車運転免許など

調剤薬局で働く上で大切なのは、処方せんのチェックや調剤技術、そして患者さんの状況に合わせた薬や服薬方法を提案することです。患者さんから過去の副作用やアレルギーなどに聞き取り、有効性や安全性をきちんと確認していく慎重さが求められます。

時には処方せん通りには調剤せず、処方内容に疑問がある場合は医師や歯科医師に確認を取ってから調剤するなど、患者さんに手渡す薬に対して責任を持つことも大事です。

管理薬剤師として働く場合は「医薬品管理」や「レセプト請求」のスキルも求められるため、管理薬剤師としての経験や調剤薬局事務の資格があると転職の際には有利です。在宅業務を数多く抱えているところでは車で患者さんの自宅まで薬を届ける機会も多いので、普通自動車運転免許も必要としている調剤薬局もあります。

調剤薬局へ転職するメリット・デメリット

    メリット

  • 調剤スキルを学ぶことができる
  • 勤務時間や休日数など労働条件が比較的良い
  • パートとして働きやすい
  • 転勤が無い(大手チェーンの場合は別)
  • 収入が安定している

調剤薬局として働くメリットとして、調剤スキルを学べるということがあります。単に処方せんに書かれた薬を作るだけではなく、患者さんの聞き取りから薬の形を変えたり服薬指導を行うなど、薬剤師の基本的な仕事について勉強することができます。

また就労時間(シフト)や休日などは規則的に決まっていることが多く、残業なども無いのでお子さんを持っている薬剤師さんでも働きやすい職場です。パートとして時給制で働くこともできるので、子育てや結婚生活などのプライベートとのバランスが取りやすいというメリットもあります。

大手チェーンではない調剤薬局で働く場合は、転職をしない限り転勤で遠くへ引越しする可能性も無く、居住地を変えたくないという人にもおすすめの職場です。収入も比較的安定しており、管理薬剤師や店長としてポストを任されると更に年収アップも見込めます。

    デメリット

  • 医院によっては扱う調剤の種類が少ない
  • 研修制度や勉強会が充実していないところも
  • 狭い職場なので人間関係が密になる
  • 大幅な収入アップは望めない

調剤薬局で働くデメリットとして、近くの医院が特定の診療しか行っていない場合に調剤スキルが偏ってしまうという点があります。総合病院の門前薬局の場合はさまざまな種類の薬を取り扱うことができますが、耳鼻科や整形外科のみを診療する専門医の門前薬局では、薬の種類も限られてきて幅広くスキルを磨くということは難しくなるでしょう。

中小チェーンの調剤薬局の中には新しい薬の勉強会や薬事制度・法律などの研修が充実しているところもありますが、個人で開設している小さな調剤薬局の場合は製薬会社の担当者が訪れる頻度も少なく、新しい薬などについては自分で情報を集めて勉強するしかありません。

また小さな職場で数人の他の薬剤師やレセプト担当者と働くことになるので、人間関係が自然と密になるというデメリットもあります。お互いが気に入り仲良くなれば良いのですが、あまり良くない人間関係だとパワハラなどが理由ですぐに辞めてしまうリスクもあります。

ある程度年収の上限も決まっているので、高収入を望んでいる方はMRや研究開発職への転職、または、独立して調剤薬局を開業するなどのキャリアプランを踏まえた上で就職を決められるのがおすすめです。

調剤薬局へ転職する前のチェックポイント

    Check Point

  • 主な仕事内容、処方せんの枚数と種類
  • 職場の広さや託児所の有無など
  • 転勤の有無、昇給・時給アップ

調剤薬局へ転職を検討されている方は、まずは主な仕事内容と処方せんの枚数についてチェックするようにしましょう。特に調剤の種類・服薬指導・在宅業務・レセプト請求・医薬品管理については、どの部分を担当することになるのか面接時にきちんと確認しておくことが大切です。

またママさん薬剤師のために近くの託児所と提携している調剤薬局ところもあり、その他の福利厚生についても努める薬局によって大きく異なるので注意が必要です。職場があまりにも狭いと忙しい時期は調剤業務などで働きにくいと感じることもあるので、適切な広さがあるかどうかもチェックしておきましょう。

昇給についてもあまり大きな期待はできないので、どのような形で給料・手当が増えるのか面接時に確認しておくことが大切です。調剤薬局といってもコンビニよりも数が多いのでさまざまな種類のお店があります。転職サイトのエージェントをうまく活用すれば、数ある調剤薬局の中から希望する条件にあったところを代わりに探してきてくれるのでおすすめです。

調剤薬局勤務の将来性

調剤薬局は比較的安定した職場で、門前薬局の場合は近くの医院や歯科医院が廃業しない限り安定した集客が見込めます。また立地から考えて既に薬局がある地域には新規に出店されるリスクが少ないので、一度就職してしまえばそこで長く働くことも可能です。

セルフメディケーションの推進や要介護者の増加が見込まれる中で、OTC医薬品の販売や在宅業務などはより需要が高まると予想されています。またお薬手帳などの服薬管理をはじめ、地域に根差したより身近な薬局のかかりつけの薬剤師として活躍することができます。

年収も勤続年数に応じて上がっていき、チェーン店の店長や管理薬剤師を任されると収入も増えます。安定して高い収入を得られるという観点からも、昔から変わらず人気が高い職種です。

参考リンク
・Yahoo!知恵袋:「病院薬剤師から調剤薬局に転職しました

調剤薬局勤務のまとめ

  • 保険調剤や服薬指導、薬歴管理などが主な仕事内容
  • 患者さんに合わせた薬の選択と提案など専門的なスキルが生かせる
  • 安定して高い収入があり、勤続年数に応じて上がっていく

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録してプレミアム求人を見つける ↓↓↓

↓↓↓ 派遣薬剤師の高時給案件を探すならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加