薬剤師転職・求人や年収比較 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の職種 > ドラッグストアの仕事・年収と将来性


ドラッグストアの仕事・年収と将来性

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事内容や年収、求められるスキル、将来性などについて解説しています。

ドラッグストアの仕事内容と年収

ドラッグストアとは一般用(OTC)医薬品を取り扱っているだけではなく、サプリメントやダイエット食品、化粧品・医薬部外品から日常品まで、さまざまな商品を取り扱っている店舗です。調剤薬局(保険薬局)とは異なり、小売業としての側面が大きいのが特徴です。

ドラッグストアに勤務する場合の主な仕事として、患者さんの相談に応じてOTC医薬品を販売したり、レジ打ちで商品の清算、また、販売商品の品出しなども行います。調剤コーナーが設けられているドラッグストアでは、処方せんの受付や調剤業務、服薬指導なども行います。

ドラッグストア

店長や管理薬剤師などお店のを統括する責任者として働く場合は、商品の発注や在庫管理、またパートで働く人のシフト調整や採用なども担当します。責任者として働く場合は収入は上がり、およそ700万円ぐらいの年収があります。

一般の正社員として働く場合の年収は350 ~ 500万円ぐらいです。また薬剤師がパートとして働くケースもよくあり、時給は2,000 ~ 3,000円程度が相場で、地方へ行くほど時給が上がるのが特徴です。

セルフメディケーションの推進が叫ばれる中で、健康や美容に関する良き相談者としてドラッグストアに勤務する薬剤師の役割は大きく、また調剤だけではなく、さまざまな商品を取り扱うことができるのがドラッグストアで働く大きな魅力です。

ドラッグストアで求められるスキルや資格

    Check Point

  • 1:お客さんが気持ちよく買い物ができる接客と商品に対する幅広い知識
  • 2:調剤コーナーがある場合は、患者さんの状況を聞き取り調剤業務・服薬指導を行えるスキル
  • 3:管理薬剤師の経験や時にはフォークリフト免許など

ドラッグストアで働く上で大切なスキルとして、お客さんにとって気持ちの良い接客ができる、ということがあります。調剤薬局に比べて小売店として日用品の数が多いので、お客さんは他のスーパーマーケットやコンビニなどの小売店と比較して購入するところを決めます。

商品価格なども重要なポイントですが、まずお客さんに対して丁寧な接客ができるかどうかがドラッグストアで働く上で大切になります。そのため、接客が苦手という人にとってはドラッグストアは転職先としてあまり向いていないかもしれません。

また調剤コーナーがあるドラッグストアでは、調剤薬局と同様に患者さんから過去の副作用などに聞き取り、患者さんに適した薬を選ぶことが大事です。ほとんどのお店では薬剤師による相談コーナーを設けているので、お客さんの相談に応じてOTC医薬品を提案したり、サプリメントや健康補助食品などについても相談を受けて商品を上手に勧められるスキルも求められます。

ドラッグストアへ転職するメリット・デメリット

    メリット

  • 就職先は多く、希望するエリアで働くことができる
  • パートや派遣などいろいろな形で働くことができる
  • 調剤業務と小売について両方のスキルを高められる
  • 調剤薬局勤務に比べて収入は高い
  • 研修や勉強会を積極的に開催している

ドラッグストアで働くメリットとして、さまざまな地域で安定した募集があるので希望するエリアで働くことができる点です。例えば、家から近い(家近)、駅から近い(駅近)、UターンやIターンなど、住んでいる場所や通勤時間などを考慮して勤務地が選びやすいというメリットがあります。

またパートやアルバイト、派遣として採用しているドラッグストアもあるので、自分が希望する働き方に合わせて就職・転職しやすいという利点もあります。子育てで忙しいママさん薬剤師もパートとして採用されやすく、労働時間などの希望も通りやすいのが魅力です。

調剤コーナーを設けているドラッグストアでは調剤・製剤や服薬指導も行うので、調剤業務についてスキルを高めることもできます。チェーン店の中には新卒や復職する薬剤師のために研修制度が充実していたり、製薬会社の担当者と積極的に勉強会を行っているところもあります。

また小売業として大切な棚作りや商品管理、チラシづくりやPOP作成などについても勉強することができるので、将来独立開業を視野に入れている薬剤師にとってはさまざまなことを経験できる職場になります。

ドラッグストアで働く最大のメリットは、比較的収入が多いという点です。調剤薬局で働く場合は平均年収が500万円であるのに対し、ドラッグストアは550 ~ 600万円の平均年収となっており、また店長や管理薬剤師になると年収は700万円を超えることもあります。たくさんお金を稼ぎたいという方にとって転職先の候補の1つです。

    デメリット

  • 肉体労働も多く、心地良い接客が求められる
  • 地域によって給料に差が出る
  • 転勤があるチェーン店も
  • 土日出勤や勤務時間が不規則

ドラッグストアで働くデメリットとして挙げられるのが、肉体労働の多さです。商品管理の一環として倉庫の整理や不足になっている商品の品出し、時にはレジや調剤・相談コーナーで立ちっぱなしが続くなど、比較的肉体労働が多い職場です。

また小売としての側面が大きいため、お客さんに対する接客態度なども厳しく求められることもあります。来店時の声かけやテキパキとした商品案内など、いろいろなお客さんと接するのが苦手な人にとっては働きづらさを感じるかもしれません。

そしてドラッグストアに正社員として転職する場合に気をつけなければいけないのが、労働時間や土日勤務などについてです。たいていの場合は年中無休で朝10:00 ~ 夜22:00ぐらいまでの営業時間があり、中には24時間営業のドラッグストアもあります。その中でシフトを組まれて働くことになりますが、基本的に土日のどちらかは出勤、朝番と遅番が交互になるなど不規則な労働時間を覚悟する必要があります。

ドラッグストアへ転職する前のチェックポイント

    Check Point

  • 転勤の有無、手当や昇給などについて
  • 門前薬局の場合は処方せんの種類と数
  • 具体的なシフトや労働時間など

ドラッグストアに転職する前に必ずチェックしておきたいのが、転勤があるかどうかです。大手チェーン店の場合は転勤有を前提として採用募集しているところもあるので、転職サイトの求人情報をチェックする際はかならず転勤の有無についても確認するようにしましょう。

また門前薬局としての役割を持つ調剤コーナーありの店舗の場合は、取り扱う処方せんの種類や1日の処理枚数についても把握しておくことが大事です。特に調剤薬局からドラッグストアに転職する場合、近くの医院・クリニックの診療科によって医薬品の種類が大きく異なるので、研修を受けることができるのか、また働き始めるまでに勉強しておいた方が良いのかを確認しておきましょう。

店長や管理薬剤師を任される場合、医薬品管理やシフト調整などの仕事も増えるので、時には残業など時間外労働も必要となります。そのため、ワークライフバランスを重視する人は具体的なシフトなどを面接時に確認されることをおすすめします。

ドラッグストアの将来性

ドラッグストアの出店数は頭打ちになってきており、各社生き残りをかけて統合したり業界再編が進んでいます。また登録販売者制度が生まれたことによって、中には薬剤師を置かない店舗も出てきました。

しかしながら健康や美容に対する意識が高まり、お客さんは化粧品や医薬部外品だけでは満足できずより効果が高い医薬品を求める傾向があります。今後は医療用医薬品の成分が入った「スイッチOTC医薬品」など、より効果の高いものにニーズが集まると予想され、薬剤師にしか販売できないことからもドラッグストアの採用ニーズは大幅に落ちることはないと考えられています。

他のドラッグストアとの差別化のために調剤コーナーを設置する店舗も増えてきており、また、介護支援や在宅業務などこれまで調剤薬局が行ってきたサービスを積極的に提供するドラッグストアも出てきています。

今後は調剤コーナーを設置するコンビニやスーパーが増える予想されており、医薬品の専門家としてドラッグストアで活躍する薬剤師の価値はこれからもますます高まっていくと予想されています。

ドラッグストア勤務のまとめ

  • 小売としてさまざまな商品を取り扱い、接客や商品管理などのスキルも求められる
  • 薬剤師の資格を生かして働く職種としては比較的収入が高い
  • 小売店に薬剤師を置く店舗が増えるため、差別化を図るために薬剤師のニーズは増える

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録してプレミアム求人を見つける ↓↓↓

↓↓↓ 派遣薬剤師の高時給案件を探すならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加