薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師転職の流れ > 転職の基礎知識 > 志望動機・自己PRの参考例文


志望動機・自己PRの参考例文

志望動機や自己PRはどのように記載すればいいのでしょうか?チェックポイントと参考例文を紹介しています。

採用企業に必要な人材であることをアピール

履歴書や職務経歴書に記載する「志望動機」や「自己PR」は、採用側の企業にとって自社で活躍できる人材かどうか見極められるチェックポイントとなります。履歴書に記載するスペースは限られているので、うまくまとめて文章を作り上げることも大切になります。

志望動機は自身が携わりたい業務内容やスキルアップできることを書くほかに、同じ業界でもなぜ貴社を選んだのか、ということをアピールする必要があります。そのため企業の事前調査も欠かせません。

自己PRは自身のパーソナリティについても売り込むことが大切です。これまでの実務経験に関しては職務経歴書で詳しく記載することも可能なので、履歴書では自身の性格や強みについても触れておきましょう。

志望動機のチェックポイント

    Check Point

  • 即戦力として活躍できるか
  • 応募企業の魅力が書かれているか
  • 職務経歴書にはより理由を具体的に

履歴書に記載する志望動機は簡潔にポイントを絞って記載しましょう。例えば、調剤薬局からドラッグストアへ転職する場合の志望動機は以下のようになります。

『これまでは調剤薬局の管理薬剤師として医薬品の管理・薬局の運営に携わってきましたが、調剤併設店舗が多い貴社で処方せんの受付業務だけではなく、OTC医薬品や化粧品・健康食品の販売、店舗運営に貢献できる薬剤師として働きたいと考え志望しました。』

職務経歴書にも志望動機を記載する場合は、これまでの仕事で得た経験を具体的に記載して、その上で応募企業を選んだ理由をさらにポイント絞って記載することが大切です。福利厚生や休みの多さなどではなく、在宅医療や漢方薬勉強会といった業務内容や研修制度について記載しましょう。

自己PRのチェックポイント

    Check Point

  • 履歴書には経験とパーソナリティを
  • 職務経歴書には具体的なエピソード
  • 応募企業で発揮できる強みをアピール

自己PRでは自身のこれまでの経験から培ってきたスキルや専門知識はどのようなものか、またそれを活かして応募企業でどのように貢献できるかをアピールすることが大切です。履歴書にはパーソナリティについても少し触れておくのも問題ありません。例文は以下のようになります。

『物事を予測して計画的に準備することができます。風邪・インフルエンザの流行期には予め派遣薬剤師の雇用を手配して人材を増やし、地域の医師と連携し流行状況に応じて医薬品の手配や服薬指導などの業務を行ってきました。その中で季節ごとのマニュアルを作成し、薬局内のコミュニケーションを増やすことに工夫を凝らしました。』

また転職では基本的に即戦力が求められるので、職務経歴書に記載する自己PRはこれまでの仕事の成果や問題解決に当たった事例などを書きましょう。面接でも質問されるので苦労した点や解決に至った努力などをアピールできるようにしておきましょう。

薬剤師専門の転職サイトでは、企業に採用されやすい志望動機・自己PRの書き方をアドバイスしてくれるだけではなく、応募者のパーソナリティに合った企業を紹介してくれるので転職の成功率がアップします。いくつかの求人紹介サイトに登録して、さまざまなアドバイスを受けられることをおすすめします。

志望動機・自己PR例文のまとめ

  • 履歴書には端的に、職務経歴書にはより具体的に記載する
  • 志望動機では応募企業の特徴を応募理由とする
  • 自己PRでは業務経験での成功・失敗も含めて自身の中身をPRする

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加