薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師転職の流れ > 転職の基礎知識 > 面接でチェックされるポイント


面接でチェックされるポイント

転職での採用面接ではどのようなことがチェックされるのでしょうか。面接での注意点などを紹介してます。

面接では紙に書かれていないことを確認

採用面接では履歴書や職務経歴書をもとに、応募者が持っているスキルや知識の確認、人柄や社会性などのチェックが行われます。中には採用テストがあるところもあるので事前準備が大切です。

面接で見られるポイント

採用する側が主にチェックしたい点は、「即戦力として活躍できそうか」「育て甲斐のある人材か」「人間性、社会性などは同僚となる社員と馴染めそうか」「意気込みや熱意が感じられるか」「転職理由や退職理由に論理性があるか」などのポイントです。

特に転職は新卒の就職活動とは異なり、これまでの経験を活かして即戦力として活躍できるかどうかが採用されるかどうかの分かれ目となるので、これまでの経験を面接でしっかりとアピールできるかが大切です。

面接でチェックされるポイント

    Check Point

  • 求めているスキルや知識があるか
  • 履歴書、職務経歴書と合致するか
  • 希望する給料などの労働条件、福利厚生など
  • 人柄や身なりなど

希望する職種で活躍できるスキルや知識を備えているかはまずチェックされるポイントです。これまでの経験で培ってきたものだけではなく、認定薬剤師や他資格の取得、学会への参加など業務以外で自主的に努力してきた点などもアピールするようにしましょう。

また転職採用では、どんな企業で働いても役立つ「ポータブルスキル」にも着目されています。コミュニケーション能力やITスキル、経理・財務管理や英語など、どのジャンルのどの企業に在籍していも必要とさるスキルもチェックされるので、持っている強みについて面接で説明できるように準備しておきましょう。

収入や勤務シフト、休日・福利厚生などについても面接で質問されますが、この点についてはこちら側で妥協できるポイントかどうかも事前に見極めておくことが大切です。ひどい企業だと求人に記載されいる収入以下の金額を提示されたり、休日出勤を要請されることがあるのでしっかりと面接時に確認しておくことが大切です。

面接に臨む前の注意点

上記の他にも退職理由や転職理由について質問されるので、納得できる説明ができるように準備しておきましょう。特にネガティブな理由で退職した場合、それを踏まえて応募企業でどうして活躍できそうなのか説得させることが必要となります。

またその際に受け答えがしっかりできているか、態度や表情からも人柄やコミュニケーション能力が試されており、髪形や服装、入室時のマナーや挨拶といった社会性も重要な要素です。

収入や福利厚生などに関しては採用担当者に直接確認しずらいこともありますが、求人サイトの中には専任の担当者が面接に同行してくれるサービスを提供しているところまおります。

人間関係や上司の人柄など聞きづらい質問も代わりに聞いてくれたり、事前に面接の練習も行ってくれるのでコンサルタントサービスがある転職サイトを上手に活用されることをおすすめします。

面接でチェックされるポイントのまとめ

  • 持っているスキルや知識の他に人柄などもチェックされる
  • 退職理由・転職理由はしっかりと説明できるように準備しておく
  • 希望する条件など聞きづらい質問は転職サイトの担当者にお願いする

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加