薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師転職のポイント > ケーススタディ > 40代(40歳)薬剤師の転職ポイントと注意点


40代(40歳)薬剤師の転職ポイントと注意点

40代の薬剤師が転職するケースはどのような事例が多いのでしょうか?ポイントや注意点などを解説しています。

40代(40歳)薬剤師が転職するケース

40代の薬剤師が転職するケースとして、スキルや経験を活かして年収をアップを目的として転職を行う場合が多いです。特に管理薬剤師や店長などマネジメントの経験があると、年収を大きく増やすこともできます。

ただし、未経験やブランクあり、他業種への転職は求人数自体が少なく、伸び代を考慮して20~30代の薬剤師と競合するとどうしても不利になってしまいます。

40代での転職はあくまで即戦力の働き手として求められることが多いので、これまでの経験を活かせる職種がメインの転職先候補となります。

40代で転職するメリット、デメリット

40代で転職するメリットとして、マネジメント経験を評価されて店長や管理薬剤師などを任されることがあります。治験関係で経験を積まれた方はプロジェクトリーダーとなり、うまく求人を探せば700万円以上の年収を稼ぐことができるチャンスもあります。

反対にデメリットとして経験を活かせないと年収が下がってしまう点があります。例えばMRからドラッグストアへ転職する場合、OTC医薬品の販売や食品・日用品の仕入れや陳列に関するスキル、化粧品やサプリメントに関する知識などを身につけていく必要がありますが、これまでの経験を活かせないと新卒の薬剤師と同じ扱いとなり年収が大きく下がってしまうこともあります。

また幹部候補として採用されても出世に限界があり、最終的にもらえる退職金も減少します。これまで勤めてきた会社と福利厚生や手当も変わるので、家族や生活への影響も少なからず起こるので注意が必要です。

40代で転職する場合の注意点

    Check Point

  • 定年退職までのキャリアプラン
  • 役職と研修制度について
  • 雇用形態のチェンジも

40代で転職する場合にまず注意しなければいけないのが、定年退職後までのキャリアプランです。50代での転職はかなり厳しいものがあるので、40代は転職のラストチャンスとなります。40代半ばから定年退職までまだ20年間も働き続けることになるので、どのような職種で仕事人生をやり遂げたいのかよく考えて転職先を決めることが大切です。

また女性薬剤師が結婚や出産を経て復職する場合は、研修制度が充実しているところを選ぶようにしましょう。薬剤師専門の転職サイトでは40代薬剤師におすすめの求人を紹介してくれたり、やりがいや年収など要望を聞いた上でおすすめの企業を紹介してくれます。

40代の求人は少ないので複数の転職サイトに登録して、短くても半年間以上の求人探しを行ってよりよい企業を探されることをおすすめします。

40代(40歳)での転職のまとめ

  • 求人数が少なく20~30代の薬剤師と競合すると不利
  • 管理職経験を活かして転職すれば年収を大幅にアップできる
  • パートや派遣などライフスタイルに応じて雇用形態を変える

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加