薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師転職のポイント > ケーススタディ > 50代(50歳)薬剤師の転職ポイントと注意点


50代(50歳)薬剤師の転職ポイントと注意点

50代の薬剤師が転職するケースはどのような事例が多いのでしょうか?ポイントや注意点などを解説しています。

50代(新卒)薬剤師が転職するケース

50代の薬剤師が転職するケースとして、残りの仕事人生をどのように過ごすのか、または、体力の衰えなどを理由として転職をするケースがあります。基本的に50代の求人は非常に少ないので職種を変えるような転職は難しくなっていますが、これまでのキャリアを活かせるのであれば転職することも可能です。

例えば、これまでMR管理職、治験プロジェクトリーダー、ドラッグストア店長など体力や行動力が必要される職種から、家の近くの調剤薬局、ドラッグストアのパート社員などへの転職です。

50代で転職するメリット、デメリット

50代で転職するメリットとして、勤務時間や働き方を変えることで身体への負担を減らすことができる点です。特に通勤時間を短くしたり勤務シフトを変えて働きやすくすることによって、余裕をもって仕事に取り組むことができるようになります。

またこれまでのキャリアを活かせる場合、管理職や教育係などの役職を任せることもあります。そのような場合は年収を上げることも可能ですが、ただし認定指導薬剤師などの資格を持っていることがポイントです。

基本的に年収が下がったり退職金が下がってしまうリスクがある50代の転職ですが、住宅ローンや奨学金返済などが完了していればゆとりを持って働ける職場へと転職することができます。子どもが独立しており配偶者の同意があれば地方で働くというのも1つの選択肢です。

50代で転職する場合の注意点

    Check Point

  • 研修制度が充実している企業を選ぶ
  • 体力を考慮して職場を選ぶ
  • キャリアとともに人間性も重視される

50代での転職で注意しなければいけないのが、転職先の研修制度についてです。20~40代の転職ケースでも同じことですが、50代の場合は基本的に即戦力を求められていることもあり、雇用する側としても時間とお金をかけて再教育するという考えはありません。

未経験で調剤業務を行うことは難しいですし、研修制度がきちんと整っていないのに採用を望むような企業は遠慮した方がよろしいでしょう。またこれまでの経験や考えを捨てて新しい環境に慣れることができるかも大切なポイントです。

反対に他業種などの異なる経験を評価されて採用された場合は、若手社員にこれまでの経験を活かして知識・スキルを教える立場にもなります。そのため人間性なども重視され、勤務態度やコミュニケーションスキルをはじめ、患者さんへの対応なども評価の対象となります。

50代の薬剤師転職は求人が少ないこともあり、競合も激しくなかなか良い転職先が見つからないことも多いです。非公開求人などを積極的に紹介している転職サイトに無料登録して、専門のコンサルタントや担当者から50代でも積極的に採用している企業を紹介してもらいましょう。

50代(新卒)での転職のまとめ

  • 体力や収入を考慮して転職のメリット・デメリットを見極める
  • 認定指導薬剤師の資格を持っていると優遇される
  • 求人がかなり少ないので転職サイトを大いに活用する

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加