薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師転職のポイント > ケーススタディ > 60代(定年後)薬剤師の転職(再就職・短期派遣)


60代(定年後)薬剤師の転職(再就職・短期派遣)

60代の薬剤師が転職したり復職するケースにはどのような事例が多いのでしょうか?ポイントや注意点などを解説しています。

60代(定年後)薬剤師が転職するケース

60代になってから転職するケースは数少なく、基本的に企業が定めた定年年齢に達すると仕事を引退することになります。ただし、企業によっては人手が足らなかったり後進の指導のために雇用契約の延長を希望されることがあり、定年後も働き続けることができます。

定年を迎えた薬剤師に求められるポイントはこれまで業務で培ってきた経験やスキルで、薬剤師としての専門知識や特殊技能はもちろん、患者さんへの対応方法やリスク管理など経験を活かして現場を違う視点からサポートできる力です。

また同じ企業へ再雇用されるケース以外にも、ライバル企業に転職するケースもあります。特に認定指導薬剤師などの資格を持っていると研修部門などで活躍が期待され、また異なる企業文化をもたらしてくれることによって採用する企業にもメリットが生まれます。

60代で転職、定年後の再就職のメリット、デメリット

定年後に再就職、転職するメリットとして、まず一定の収入を確保できるという点があります。嘱託で採用されると現役時代の半分程度の収入となりますが、勤務時間も短くなり体力に合わせて働くことができます。

また仕事を生きがいとしてきた薬剤師さんにとっては、若い薬剤師を育てたり高齢の患者さんにより近い立場で関われたりと、やりがいのあるポジションで働けるというメリットがあります。定年後は短期派遣規制の例外となっており、自分と合う企業が見つかるまで派遣社員として働くこともできます。

デメリットとしては趣味などのプライベートの時間が削られたり、体力的に厳しい仕事を担当できないという点があります。再雇用や転職先の企業とよく相談して、自身の能力を発揮でき企業が求めるポジションや時間数で勤務できるようにしておくことが大切です。

60代での転職、定年後に再就職する場合の注意点

    Check Point

  • 収入の低減
  • 最新の業務動向への対応

現役時代に比べると収入は約半分程度になるので、生活費の使い方について見直す必要があります。年金の受給と合わせてどの程度の収入になるのか、必要となる金額と照らし合わせて再就職を決めることが大切です。

また薬歴管理をPCで行ったり、ピッキングマシーンの導入など、最新業務スタイルに対応していくこともポイントです。不安に感じておられる方は、再就職や転職を機会に簡単に研修を受けられる企業を紹介してもらうようにしましょう。

薬剤師専門の転職サイトでは定年後の人材にぴったりの企業を紹介してくれたり、専門のコンサルタントがさまざまなアドバイスをおこなってくれます。まずは無料登録を行って求人を検索されることをおすすめします。

60代(定年後)薬剤師の転職・再就職のまとめ

  • これまでの経験を活かして現場サポートや後進指導が求められている
  • 収入は半減するが一定の収入を確保できる
  • 再雇用者向けの研修制度がある企業など自身に合った求人を探す

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加