薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師転職のポイント > ケーススタディ > 結婚、出産後のママさん薬剤師の復職


結婚、出産後のママさん薬剤師の復職

結婚・出産後の女性薬剤師が復職する場合はどのような点に注意する必要があるのでしょうか?復職や転職を成功させるポイントを解説しています。

結婚、出産後のママさん薬剤師の復職とは

薬学部を卒業して調剤薬局やドラッグストア、治験機関や製薬メーカーなどに就職し、結婚・出産を機会に退職したり育児休暇を取得されている女性薬剤師は数多くいます。このようなママさん薬剤師が復職したり、再就職をするためにはどのようなことがポイントとなるのでしょうか。

ママさん薬剤師と育児

まず以前と大きく異なるのはライフスタイルの変化です。結婚・出産前とでは生活環境が一変しており、以前と同様に働くことは難しくなってしまいます。またブランクができてしまうこともあって、最新の医療情報などについて勉強をしておくことも大切です。

復職・転職のポイント

    Check Point

  • 託児所、保育園の確保
  • 雇用形態
  • 勤務先(通勤時間)、職種
  • 研修制度

まず確認しておきたいのが託児所や保育園の確保です。復職を望んでいてもお子さんを預けるところを見つけておかないと難しくなります。公立の保育園が確保できない場合、託児所付きの調剤薬局やドラッグストアチェーンを中心に求人を探されることをおすすめします。

また雇用形態についてもよく検討することが大切です。正社員、パート社員、派遣社員などライフスタイルに応じてさまざまな雇用形態を選ぶことができるので、育児やプライベートの時間とバランスを踏まえて、勤務時間やシフトを考えておきましょう。ドラッグストアの場合はパート社員でも土日勤務があるので、求人情報や面接時になどでしっかり確認しておきましょう。

以前の職場に復職するケースでも、ブランクが1~2年あると研修制度が整備されている企業が理想です。特に他の企業や職種へ転職を検討しているケースでは、育児期間中に都道府県の薬剤師会が開催している研修セミナーなどで情報収集し、転職後できるだけスムーズに勤務できるように準備しておくことも肝心です。

参観日など学校イベント時に休みを取得できるのか、また、勤務場所までの通勤時間などもチェックしておきたいポイントです。お子さんが風邪をひいたり急用ができた場合にすぐ対応できる職場を選ばれることをおすすめします。

ママさん薬剤師が復職を成功させるために

ママさん薬剤師が職場復帰される時に考えたいのは、女性薬剤師が働きやすい環境を整備している企業を選ぶという点です。育児休暇を与えてくれたり短時間勤務制度や託児所といった福利厚生を整備している企業では長く働きやすく、ママさん薬剤師同士のつながりもできるのでいざという時に助け合うこともできます。

また希望する企業で研修制度を設けていない場合は、求人会社が無料で開催しているセミナーに参加してみるのも1つです。薬剤師専門の求人サイトではママさん薬剤師におすすめの企業を紹介してくれたり、復職・転職するにあたって大切なポイントをアドバイスしてくれます。

専任の担当者が企業の雰囲気などについても教えてくれるので、まずは無料登録を行って情報を仕入れておくことをおすすめします。

結婚、出産後のママ薬剤師の復職のまとめ

  • ライフスタイルの変化に応じて働き方を選ぶ
  • 保育園や託児所など勤務に必要な準備をしておく
  • 女性薬剤師に対する福利厚生が充実している企業を選ぶ

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加