薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師転職のポイント > ケーススタディ > 年収600万円以上の求人・転職先


年収600万円以上の求人・転職先

年収600万円以上の求人にはどのようなものがあるのでしょうか?職種やポジションの特徴、転職する場合の注意点などを解説しています。

年収600万円以上の求人とは

厚生労働省の調査によると薬剤師の平均年収はおよそ533万円で、平均月収が37万円、ボーナスが年間88万円となっています。登録販売者制度によって年収は少し下がったと言われていますが、新卒でも300万円~400万円の平均年収があります。

キャリアを重ねていくことで年収は少しずつ増えていきますが、20代や30代で年収600万円を越えるためにはいくつかの条件をクリアする必要があります。また職種によっては平均年収が高いものもあるので、自身の適性ややりがいなども踏まえて転職を検討してみるのも1つです。

年収600万円以上のケース

    Check Point

  • 管理薬剤師、ドラッグストアの店長
  • 製薬会社の開発担当、MR
  • 医薬品卸
  • 派遣薬剤師

年収600万円以上が期待できる職種としてまず挙げられるのが管理薬剤師です。管理薬剤師になると500万円以上の年収が期待されるので、経験次第で600万円以上の年収を稼ぐこともできます。

その次に考えられるのがドラッグストアの店長やマネージャーで、年収700万円を超える求人もあります。ただし、アルバイト・パートの採用・雇用管理をはじめ、商品の仕入れ・陳列などさまざまなスキルが求められるので、これまで培ってきた経験や実績が評価対象となります。

製薬会社の研究開発部門では20代でも年収600万円以上を超えることが可能で、中小の製薬・食品・化学メーカーでも年収は高めに設定されています。MR職は若いうちから高収入が得られる職種の1つで、CSOに所属するコントラクトMRも年収600万円以上の求人がほとんどです。

また医薬品卸のMS担当も年収が高い職種となっており、30歳あたりで年収600万円近くになると言われています。ただし中小の卸会社では平均年収が下がるので、転職する際にはチェックしておきましょう。

年収600万円以上を狙う転職の注意点

上記の例以外にも病院薬剤師の薬局長や派遣薬剤師なども年収600万円以上となることが可能です。ただし病院勤務はキャリアアップや昇進が緩やかなので、長年勤続しないと600万円以上になることが難しくなります。

また派遣薬剤師では地方勤務の場合は時給が3000~3500円の求人がありますが、僻地で暮らすデメリットも含めて検討することが転職を失敗させないポイントです。

薬剤師専門の転職サイトでは、年収600万円以上の求人が豊富に紹介されているので、まずは複数の転職サイトに無料登録を行って検索されることをおすすめします。専任担当者がおすすめの企業とマッチングしてくれたり、転職に関する悩み相談にも乗ってくれるので上手に活用しましょう。

年収600万円以上の求人・転職先のまとめ

  • 管理薬剤師やドラッグストアの店長などいくつかの職種がある
  • 派遣薬剤師の場合は地方・僻地勤務となるので生活スタイルを考慮する
  • 年収と同時に福利厚生や休日・休暇なども併せてチェックする

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加