薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師転職のポイント > ケーススタディ > 年収1000万円以上の求人・転職先


年収1000万円以上の求人・転職先

年収1000万円以上の職種にはどのようなものがあるのでしょうか?特徴や転職する場合の注意点などを解説しています。

年収1000万円以上の求人とは

厚生労働省が実施した調査によると薬剤師の平均年収はおよそ533万円となっていますが、中には年収1000万円を超える職種もあります。

代表的な職種が製薬会社に勤務するMR(情報担当者)で、自社の医薬品情報(有効性や安全性など)を医療関係者に正しく伝え、副作用などの症例を聞き取り、製品の有効性や安全性向上に反映させるという職種です。

MRは自社製品(医薬品)の有効性をアピールする営業職ですが、価格交渉を行わないのでその点を医薬品卸に勤務するMS(販売担当者)が担っています。MSも高い年収の職種の1つで、製薬会社から仕入れた医薬品を適切に保管・配送するのが主な仕事です。

年収1000万円以上のケース

    Check Point

  • 製薬会社の研究開発職
  • 製薬会社のMR
  • 医薬品卸のMS

年収1000万円を超えるもう1つの職種が製薬会社の研究・開発職です。製薬会社は数百億円ものコストをかけて新しい医薬品の基礎研究、開発を行っており、研究・開発職はその中心となって新しい成分を発見したり臨床試験を管理します。

実績次第で1000万円以上の年収を得ることも可能で、特に外資系製薬会社では評価制度によっては数千万円を稼ぐ研究・開発者もいます。ただし大手製薬会社の研究・開発職への入職はハードルが高くなっています。

年収1000万円以上を狙う転職の注意点

MRやMSは基本的に営業職なので、医薬品の納入先である医療機関や医療従事者(医師、看護師など)に対するコミュニケーション能力やフットワークの軽さが求められます。患者さんと向き合ってやりがいを感じている薬剤師さんは、仕事内容も大きく変わってしまうので注意が必要です。

また転職したばかりでいきなり年収1000万円を超えることは非常に難しくなっています。高い収入を得ることを優先して転職を希望される薬剤師さんは、できるだけ年齢が若いうちに自身のキャリアプランを考えて、早めに転職を実行されると生涯年収も高くなります。

キャリアプランや転職先の求人情報については、薬剤師専門の転職サイトの無料コンサルタントサービスが便利です。業界に詳しい担当者が年収が高い非公開求人も紹介してくれるので、まずは無料登録されることをおすすめします。

年収1000万円以上の求人・転職先のまとめのまとめ

  • MR、MS、研究・開発職が年収1000万円を超える職種
  • MRやMSは営業力、研究・開発は実績が求められる
  • 薬剤師専門の転職サイトで非公開求人を紹介してもらう

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加