薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師転職のポイント > 薬剤師転職にまつわるQ&A > これから求められる薬剤師とは


これから求められる薬剤師とは

今後はどのような薬剤師が求められるのでしょうか?今後の業界変化や求められる薬剤師像について解説しています。

昨今の薬剤師事情

高齢化が進む中で医療従事者のニーズが高まると予想されている一方で、医療費抑制のために調剤報酬が抑えられて薬剤師の平均年収が大きく上昇することは難しくなっています。

また薬学部が6年制となり国家試験の難易度が高まったとはいえ新規に登録される薬剤師数は増えていくと考えられており、長期的には薬剤師が供給過多になると予想されています。

これからの薬剤師モデル

ドラッグストアの出店数も頭打ちとなっており、登録販売者制度の設立、自動化された調剤機器(オートメーションのピッキングマシーンなど)などの導入もあり薬剤師が活躍できる場所や職種も限定されつつあります。このような状況で今後はどのような薬剤師が求められているのでしょうか。

今後求められる薬剤師のスキル・資格

    Check Point

  • 最新の医薬品情報、法改正に関する知識
  • 患者さんやお客さんへのアドバイス、提案力
  • より専門的な知識・スキルの研鑽

このような背景の中で今後求められる薬剤師とは、「+アルファ」のスキルや知識、人間性を備えた人材です。例えば認定薬剤師や専門薬剤師といった1つ上の資格取得、特に最新の医薬品情報や法制度についての研修を受けることで取得できる「研修認定薬剤師」は強みの1つになります。

また健康や美容への意識の高まりから、健康食品や美容品を専門的な立場からアドバイスできる能力も求められています。風邪やちょっとしたケガなどに処置できるOTC医薬品の選択や適切な説明、健康食品との飲み合わせの確認など、患者さんやお客さんと心地良いコミュニケーションができるスキルを持った薬剤師も必要とされています。

高齢化が進む中で訪問介護や在宅医療に関わる薬剤師も増えてきており、栄養指導や健康相談だけではなく、残薬問題を解決するためにも医薬品の適性管理や高齢者にも分かりやすい服薬指導なども求めらています。また地域医療に関わる医療従事者として、医師、看護師、介護士と連携して専門的な立場で薬の使用に対して適切なアドバイスができることも必要とされています。

医薬分業の推進や病院の統廃合が進んだこともあり、ただ国家資格を持っているだけの薬剤師が淘汰される時代が訪れようとしています。企業の中には研修制度を充実させ薬剤師としてのスキルや知識のレベルアップに努めているところもありますが、中小チェーンの調剤薬局やドラッグストアではまだまだ自主努力に依存しているところも多くあります。

薬剤師専門の転職サイトの中には、専門の担当者が適正や希望する職種に応じて伸ばすべきスキルや身につける知識をアドバイスしてくれるところがあります。また研修制度を充実させている企業を紹介してくれたり、反対に即戦力として働ける場合は派遣や高いポストなど高収入が望める求人を紹介してくれたりするので、将来に不安を覚えておられる薬剤師さんは複数の転職サイトに登録されることをおすすめします。

これから求められる今後の薬剤師のまとめ

  • 医療費抑制や処方せん数の頭打ちなどによって長期的に薬剤師のニーズは減少する
  • 今後は国家試験プラスアルファのスキル・知識を持った薬剤師が求められている
  • 商品提案力や在宅医療など社会の変化に応じて伸ばすべきスキルを選択する

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加