薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師転職のポイント > 薬剤師転職にまつわるQ&A > 薬剤師が転職を考える理由


薬剤師が転職を考える理由

薬剤師が転職を考えるのはどのような理由が多いのでしょうか?その原因と転職の際の注意点などを紹介しています。

さまざまな理由で転職を検討

ある調査によると、転職を経験したことがある薬剤師はおよそ70%で、その中の約3割の方が3回以上の転職を経験しているというデータがあります。どのような理由で転職されているのでしょうか?

もっとお休みがほしいなぁ…

具体的には「収入をもっと増やしたい」「休日がたくさんあるところでゆっくり働きたい」「やりがいをもっと感じたい」などの理由がありますが、薬剤師の転職理由には共通の事情があるようです。

転職を考える主な理由リスト

    Check Point

  • 収入、手当
  • キャリア、雇用形態、役職
  • 休日数、勤務時間
  • スキルアップ、研修制度
  • ライフイベント
  • 人間関係

薬剤師が転職を検討する際に、最もその原因となるのが「給与・収入」であると言われています。資格を持っていると他の職業に暮らべて初任給は比較的高くなりますが、勤続年数が増えていっても大きく収入が増えるということはありません。

また企業によってさまざまな手当や福利厚生は異なるので、経験年数が同じでも勤める会社によって給与に差が開いてしまうことがあります。同じ仕事をするならよりたくさんの給料をもらえる企業や、思い切ってMRやMSといった高収入の職種への転職を検討する人が多いです。

次に多い理由が「仕事内容・やりがい」です。患者さんとの関わり合い方や医療人としての生き方など、自身の考えるところとズレがあると転職を検討したくなるようです。中には自衛隊の薬剤官や麻薬取締官など、公務員となって社会貢献できるやりがいを見つける人もいます。

その次に多いのが「勤務時間・休日数」といったライフワークバランスが転職理由となっており、残業がない調剤薬局や年間休日120日以上、100%に近い有給消化率など余裕を持って働くことができる職場が人気となっています。ママ薬剤師にとっては育児休暇や短時間勤務制度、託児所の有無といった福利厚生も大きな理由となっています。

調剤報酬の削減や登録販売者制度の設立など、薬剤師の生き残りを考えると今後のキャリアやスキルアップも転職理由となります。例えば認定薬剤師取得のための研修制度、最新の医薬品勉強会といった環境が整備されているか、また、店舗運営などのマネジメントを経験できるキャリアパスが用意されているかなども転職を考えるきっかけとなります。

転職を成功させるために

以上の理由以外にも「職場の人間関係」や「ライフイベント(結婚や親の介護など)」といった転職理由があるため職種や勤め先を変えることがあります。大切なのは自身の理由をはっきりとさせて転職を成功に導くことです。

例えば人間関係で転職したいという場合では、転職先の人たちとうまくやっていけるか、転職してうまくやっていても自分と合わない人が入社してこないか、などのリスクと向き合うことが必要になってきます。

マイナスな側面を理由として転職を実行することは悪いことではありません。ただし面接時では人間関係だけではなく、転職をすることで自身が活躍できる点をアピールする必要があります。まずはパート社員として働き雰囲気を確かめてみるというのも1つの選択肢です。

転職サイトのコンサルタントは、薬剤師さんからの転職理由をしっかりと聞いた上で適した企業や職種を提案してくれます。いくつかの転職サイトに登録し複数のアドバイスを受けられることをおすすめします。

参考リンク
マネジメント薬剤師のためのナレッジ共有サイトMMPR

薬剤師の転職理由のまとめ

  • 薬剤師の7割、そのうちの3割が3回以上の転職を経験している
  • 転職理由を明確にして、転職によって得たいものに優先順位をつける
  • ネガティブな理由だけではなく活躍できるポイントをアピールする

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加