薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師転職のポイント > 薬剤師転職にまつわるQ&A > 薬剤師の転職タイミング、有利な時期


薬剤師の転職タイミング、有利な時期

薬剤師はどのようなタイミングで転職を検討すべきなのでしょうか?転職に有利な時期などについても解説しています。

経験・キャリアによる転職タイミング

一般的に3年の経験を積むとある程度の知識やスキルを身につけ、自身と職業との適性も判断できるようになるので、転職を考えるのに良いタイミングだと言われています。また3年の経験を積んでから転職活動を行えば、採用側にあまり悪い印象を与えないというメリットもあります。

短いスパンで転職を繰り返しているような、いわゆる「履歴書を黒く潰している」人は、採用する側としてもすぐに辞められてしまうリスクがあるので採用にあまり積極的になれません。勤続3年以内での転職には他に何かポジティブな理由を見つけることが大事です。

面接時の印象

例えば、他の職種で働くことにやりがいを見出したり、同じ職種でも違うスキルや知識を身につけたいと感じたなら良い転職のタイミングです。収入の面で不満があることを理由に転職を検討される方も多いですが、より良い待遇を求めて他の企業へ移ることは大きなマイナスにはなりません。

ライフイベントによる転職タイミング

結婚や出産などライフイベントの変化が起こった場合も転職を考える良い機会です。配偶者の理解があれば地元に引越しして実家の近くで働くこともできますし、今後の人生設計を練り直す良い機会です。

特に女性薬剤師の場合、出産を望むのであれば育児休暇や育児短時間勤務制度が充実している企業へ転職をされることをおすすめします。転職してすぐに育休や時短制度を利用するのは少し抵抗があるので、結婚が決まったり引越しをする機会に子育てに力を入れている企業を探しましょう。

薬剤師専門の転職サイトの中には、ママ薬剤師さんにおすすめの調剤薬局やドラッグストアを中心に紹介してくれるところがあるので、出産・子育てを迎える前にいくつかの求人サイトに登録して担当者からさまざまなアドバイスを受けられることをおすすめします。

転職に有利な時期と注意点

    Check Point

  • ボーナス後(7月、12月)、年度末(9月、3月)
  • 年末年始~春季(5月あたりまで)

薬剤師の転職に有利なタイミングとしてまず挙げられるのが、ボーナス(賞与)後の時期です。ボーナスをもらってから退職をするという人も多いので、7月、12月は薬剤師の求人が増えます。また年度末の9月、3月あたりも異動や派遣薬剤師の契約切れなどの理由で求人が増えるので狙い目の時期です。

また風邪やインフルエンザが流行する冬季、花粉症が起こる春ごろまでは調剤薬局やドラッグストアは繁忙期に当たるのでパート・契約社員も含めて求人が増える時期になります。

特に春先は新人薬剤師が退職してしまったりなどの理由で、即戦力で働ける薬剤師求人が増えます。最近では薬剤師の国家試験が難しくなって合格率が低下してきており、必要な人員を確保するために年収が高い求人が出てくることもあります。

転職する時期で注意しなければいけないのがボーナスの支払い条件です。給料規定をしっかりと確認し、ボーナスが減額されないか、支給されないことがないかチェックしておきましょう。

また退職を申し出るタイミングにも注意が必要です。通常は1ヶ月前に申し出れば退職することができますが、病院や忙しい店舗だと人手不足で退職までに2~3ヶ月、または半年以上かかるケースもあります。並行して転職活動を行うことになりますが、採用が決まった段階できちんと退職の申し出を行い、退職できる時期を確認してから転職先の担当者に勤務開始時期について連絡するようにしましょう。

転職のタイミング、有利な時期のまとめ

  • 勤続3年以降、またはポジティブな転職理由を
  • ライフイベントによって転職先を検討する
  • ボーナス支払い後や春先は求人が増えるので狙い目

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加