薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の基礎知識 > 6年制と4年制薬学部の違い


6年制と4年制薬学部の違い

薬学部の6年製と4年制にはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴やメリット、デメリットなどを紹介しています。

2006年から6年制がスタート

以前はすべての薬学部は4年制で、4年制の薬学部を卒業すれば薬剤師国家試験を受験することができました。ところが2004年に大学における医療人養成の方針が変更され、薬局と病院における長期間の実習が必須となりました。

医療技術の高度化、医薬分業の進展等に伴い、高い資質を持つ薬剤師養成のための薬学教育は、学部の修業年限が4年から6年に延長されました。(文部科学省)

そのため薬剤師の受験資格を得るためには6年制の薬学部を卒業、または、大学院の課程で実務研修を受けることが必要となり、より高度な教育を受けた薬剤師が社会で活躍するように変わりました。

薬剤師の国家資格取得をウリにしている私立大学の薬学部は制度変更に伴いほとんどが6年制に移行し、反対に国公立大学は6年制と4年制に分けて募集しているところ、または、入学時に一括募集して希望や成績によって3年次に振り分けている大学もあります。

参考リンク
・文部科学省:大学における医療人の養成「薬剤師養成のための薬学教育は6年制となりました

6年制薬学部の特徴

    Check Point

  • 薬剤師の受験資格を得ることができる
  • 私立大学に多い
  • 学費がたくさんかかる
  • 認定薬剤師を見据えた教育を受けられる

6年制薬学部の大きな特徴は、なんといっても薬剤師国家試験の受験資格を得られる点です。学校教育法の改訂によって薬学部の規制が緩和され、さまざまな私立大学で薬学部が創設されるようになりました。

また私立大学の薬学部にかかる学費は、初年度で200万円前後、次年度から180万円前後に設定されているところが多く、入学金なども含めると6年間で約1,200万円程度の学費が必要となります。

現在では定員割れを起こしている地方の薬科大学などもあり、将来の認定薬剤師取得などを見据えて特徴のある薬学教育を打ち出している私立大学もあります。

参考リンク
・九州保健福祉大学:「薬学部 医療人GP」

4年制薬学部の特徴

    Check Point

  • 薬学研究、医薬品開発の勉強をすることができる
  • 薬剤師の受験資格は得られない
  • 国公立大学に多い
  • 学費が比較的安く済む

4年制薬学部の大きな特徴は、薬学研究・医薬品開発の教育を受けることができるという点です。例えばインフルエンザなどの感染病に効く薬を開発したり、iPS細胞を使って再生医療の研究をする道もあります。

ただし、4年制の薬学部を卒業するだけでは薬剤師の国家試験を受験することはできません。4年制の薬学部出身の人が受験資格を得るためには、一部の大学院に進み規定の実務研修をクリアする必要があります。

また製薬会社の研究部門の採用枠は限られており、研究開発の仕事に就くためには大学院を卒業して採用試験を突破する必要があります。薬局や病院で働く薬剤師と異なり、就職が難しくなるというデメリットも考慮しなくてはいけません。

白衣を着て研究開発をする人

6年制と4年制の違いのまとめ

  • 現在では6年制の薬学部を卒業して薬剤師になるのが一般的
  • 6年制は私立大学に多く、薬剤師として働く上で専門的な教育を受けられる
  • 4年制は国公立大学に多く、薬学研究や新薬開発の教育を受けることができる

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加