薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の基礎知識 > 医薬分業とは


医薬分業とは

医薬分業の目的と推進された背景やメリット、規制における見直しなどについて解説しています。

医薬分業の目的とメリット

現在では病院で診察を受けた後に受付で処方せんをもらい、近くの調剤薬局へ持っていき薬剤師さんから薬をもらうという形になっています。これが「医薬分業」で、医師は医学的な所見から処方せんを出し、薬剤師は薬学的な立場から薬の有効性・安全性をチェックし服薬指導を行います。

それぞれ専門的な立場から薬の適正使用を図り医療の質の向上させる、というのが医薬分業の主な目的ですが、他にも様々なメリットがあります。

    医薬分業のメリット

  • 1:薬剤師は服薬指導や薬歴管理を充実させることできる
  • 2:医師と薬剤師によるダブルチェック
  • 3:調剤薬局のサービスの向上
  • 4:医療費の抑制

医薬分業の最大のメリットは「副作用」や「飲み合わせによる弊害」などの薬害を減らすことができるという点です。医師は医学的な立場から薬を処方しますが、複数の薬を飲み合わせた場合やアレルギーや妊娠による副作用については、薬剤師に比べると詳しくありません。

薬剤師は薬学的な観点から過去の薬歴や医薬品情報を照会して、患者さんに合った適切な薬と服薬方法かどうかチェックします。これによって薬害の予防につながるというのが医薬分業のメリットです。

病院で働いている病院薬剤師は、調剤業務から離れることによって入院患者さんへの服薬指導や薬物治療モニタリング(TDM)に専念でき、一人一人の患者さんと深く治療について向き合えるという利点もあります。

また以前は薬価差益(法定価格から納品価格を差し引いたもの)があったため、病院が利益を出すため薬を多めに処方するということがありました。これによって税金でまかなわれる医療費が増え、患者さんには医薬品を過剰に提供し薬害を引き起こしてしまうリスクもありました。

このようなことを防ぐために医薬分業が進んだ現在でも、薬局が病院などと一体的な構造や経営となることを禁止していたり、3親等以内の親族が調剤薬局(門前薬局)の管理者になれない、特定の調剤薬局へ処方せんを持っていくことを患者さんに促さないなどの規制があります。

医薬分業が進んだことで患者はどこの調剤薬局に処方せんを持っていっても良くなり、門前薬局に限らず近所のかかりつけ薬局に持っていくこともできます。これによって薬歴管理や副作用のチェックもしてもらいやすくなり、個人に合った調剤をしてもらえるというメリットもあります。

参考リンク
・日本薬剤師会:「医薬分業とは
・wikipedia:「医薬分業

医薬分業の現状とこれから

以上のようなメリットがあることから医薬分業が推進されてきましたが、医薬分業を推進するために保険調剤業務の点数を引き上げたという過去があり、現在では調剤報酬の中の1つである「服用歴管理指導料」の点数削減が議論の対象となっています。

また以下のようなデメリットもあるため、医薬分業の見直し・廃止について政府の規制改革会議においても議論が重ねられています。

    医薬分業のデメリット

  • 1:患者さんが薬局まで医薬品を取りに行かなくてはいけない
  • 2:総合的に医療費増加の抑止につながっていない

一番のデメリットは、診察を終えた患者さんが薬局まで薬をもらいに移動しなくてはいけないという点です。風邪で体調が悪くて病院に来ているのに薬を受け取るためにまた薬局へ行かなくてはいけない、というケースもあり、患者さんの負担を大きくしてしまっているのが現状です。

医療費増加の抑制、医師による立場、薬剤師による立場、そして、薬を使用する患者さんの立場に立って考えた時に、医薬品の適正な処方、供給、リスク管理が最も理想的なカタチで機能するように制度の見直しが議論されているところです。

参考リンク
・産経新聞:患者の不便解消へ「医薬分業」見直し論相次ぐ 政府の規制改革会議

医薬分業とはのまとめ

  • 専門的な立場から医薬品の適正使用の品質を高めることを目的としている
  • より充実した服薬指導や薬歴管理をしてもらえるというメリットがある
  • 病院と薬局を移動する手間がかかり、医療費抑制につながっていないことから制度見直しが議論されている

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加