薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の基礎知識 > 医薬品卸とは


医薬品卸とは

医薬品卸とはどのような会社なのでしょうか。仕事内容や薬剤師の関わり方などを解説しています。

医薬品卸とは

医薬品卸会社とは製薬会社が製造した医薬品を仕入れて、病院や薬局などの医療機関に卸しています。医師や歯科医が処方して使用できる「医療用医薬品」のほとんどが、薬局やドラッグストアで購入できる「一般用(OTC)医薬品」の薬半分が医薬品卸を経由して納品されています。

医薬品流通のしくみ

医薬品卸のトップ企業は年間の売上が2兆5,000億円もあり、製薬会社に次いで規模の大きい会社です。日用品や食品・飲料の卸とは異なり、取り扱う医薬品が人間の生命、健康に大きく関わることもあり、保管方法や販売方法なども法律によってさまざまな規制が設けられています。

参考リンク
日本医薬品卸業連合会

医薬品卸の仕事内容

医薬品卸の仕事はただ単に製薬会社から仕入れた医薬品を医療機関やドラッグストアに卸すだけではなく、商品である薬の安全性確認や品質確保が求められており、以下の機能によって医薬品卸の業務が行われています。

医薬品卸の機能
種類 概要
物的流通機能 製薬会社から医薬品を仕入れて各営業所に配送・保管
販売機能 営業担当(MS)が医療機関に医薬品を販売
情報機能 医薬品情報の収集・伝達を行う
金融機能 債権・債務の管理、資金運用を行う

医薬品卸では「物的流通機能」において、各地にある営業所や配送センターに配置・保管し、医療機関からの注文に対して迅速に医薬品を納入します。また販売担当のMS(Marketing Specialist)が価格交渉などを行い、医薬品の効能・副作用の正確な情報を医師や薬剤師に提供します。

時には医師や薬剤師から医薬品の効能・副作用に関する情報を収集して製薬会社のMR・DI担当に伝えるなど、薬害を防止する役割も担っています。また調剤薬局やクリニックの開業支援を行い薬剤師や医師をさまざまな形でサポートしたり、患者さんからの問い合わせに対応します。

医薬品卸で活躍する薬剤師

医薬品卸では医薬品の品質確保や管理方法などにおいて薬学的な知識も必要とされ、MSや品質管理者として活躍する薬剤師も数多くいます。薬剤師の免許を持たなくてもMSとして働くことができますが、医薬品卸には管理薬剤師を置くことが法律で定められており、また医師や他の薬剤師からの問い合わせに対応するためにも薬剤師が必要とされています。

女性MS

製薬会社のMRと連携して業務を行う機会も多く、また納品先の医療機関とは価格交渉なども行うため、高いレベルのコミュニケーション能力が求められます。平均年収も800万円ほどと比較的高く、薬局や病院勤務の経験を生かすこともできるので人気の高い転職先となっています。

医薬品卸のまとめ

  • 医薬品を製薬会社から仕入れて医療機関に納品する
  • 人間の生命に関係するため、販売や保管方法に薬事法によって規制が設けられている
  • 薬学的な専門スキルが必要とされるため、医薬品卸で活躍する薬剤師は多い

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加