薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の基礎知識 > MRとMSの違い


MRとMSの違い

MRとMSはどのように違うのでしょうか。具体的な仕事内容とそれぞれの職種の違いなどを解説しています。

MRとMSの仕事とは

薬剤師が活躍する職種としてMR(Medical Representative、医薬情報担当者)とMS(Marketing Specialist、販売担当者)があります。両方とも医薬品を取り扱う職種ですが、職責として果たす役割は異なります。

MRは製薬会社に所属し、自社製品の医薬品情報(効能、副作用など)を医療関係者(医師、歯科医、薬剤師、看護師など)に伝える役割を担っています。医薬品は毎日のように新しい情報が更新されており、正確な医薬品情報を医療関係者に伝えることによって医薬品の適正使用、薬害防止を職責としています。

一方MSは医薬品卸会社に所属し、さまざまな製薬会社の医薬品を仕入れて医療機関(病院、診療所、調剤薬局、ドラッグストアなど)に納品しています。人間の生命に大きく影響する医薬品を適正に管理し、すみやかに適正な量の医薬品を医療機関に供給するという役割があります。

MRとMSの具体的な違い

現在、全国に約65,000人のMR、約20,000人のMSが活躍していますが、法律によってできることとできないことが規制されています。時にはMRとMSが連携して医師や薬剤師をサポートします。

MRとMSの違い
項目 MR MS
販売業務
価格交渉
取扱医薬品 自社製品 さまざまな製薬会社
の医薬品
薬学的知識 担当分野の専門的な知識 さまざまな分野の知識
情報提供・収集 医薬品情報
(効能、副作用、服薬方法など)
市場動向
(補足的に医薬品情報)
年収 800 ~ 1,000万円 500 ~ 800万円
専門資格 MR認定資格
薬剤師資格 必要なし
(所有していると有利)
必要なし
(所有していると有利)

大きく異なる点として、まず「販売業務」と「価格交渉」の有無があります。MRによる価格交渉は法律によって規制されており、医療関係者と直接交渉することはできません。そこで医薬品卸のMSと連携して自社製品のプロモーション(情報提供)を行い、医薬品卸を通して医薬品を販売することになります。

またMRとMSは医療関係者に医薬品情報を伝える役割(情報機能)も担っていますが、MRが主に自社製品の特徴や効能などを説明するのに対し、MSは主に新製品の情報やインフルエンザの流行予測など医薬品の需要変化などの情報も伝えます。さまざまな製品情報を提供して、医師や薬剤師に有効な選択肢を提案するのがMSの特徴です。

平均年収はMRの方が若干高く、MRは認定試験の合格が必要とされています。MSは専門的な資格は必要ありませんが、薬剤師の資格があると管理薬剤師となって配送センターや営業所の医薬品管理業務を行い、資格手当も支給されることになります。

転職先としてのMRとMS

調剤薬局や病院勤務の薬剤師が転職先としてMRやMSを選択肢に入れることは多く、実際に専門の転職サイトでは数多くの求人情報が掲載されています。特に年収が高いことからMR、MSとも人気は高く、若いうちに奨学金をできるだけ返還しておきたい、貯金をたくさん作っておきたい、などの理由で転職する薬剤師は多いです。

ただしどちらの職種も残業があったり勉強会で休日が無くなったりと、忙しくなるのを覚悟しておく必要があります。また営業職なのでノルマもあり、ビジネスマナーやコミュニケーション能力、英語力といった総合的なビジネススキルも求められます。

直接患者さんと会話したり服薬指導したりすることは無くなるので、目の前の患者さんを大切にしたい方は薬局や病院勤務がおすすめです。医薬品を通じて医療を影で支えるのがMRとMSのやりがいなので、たくさんの患者さんの治療に貢献したいという方にはおすすめの職種です。

MRとMSの違いのまとめ

  • MRは情報提供と収集を行い、自社製品に関する専門的な知識を持つ
  • MSは価格交渉と医薬品提供を行い、幅広い知識が求められる
  • 年収アップを求めるのであればMRやMSへの転職は候補の1つとなる

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加