薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の基礎知識 > CROとSMOの違い


CROとSMOの違い

CROとSMOはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴や臨床試験における関係性などを解説しています。

治験におけるCROとSMOの役割

医薬品を研究・開発し、販売するためには治験(臨床試験)で有効性や安全性を確認する必要がありますが、製薬会社の開発者や医療機関(病院)は多忙なため臨床業務になかなか手を回せないのが現状です。

治験におけるCROとSMO

また臨床の実施基準(GCP)が厳しくなったこともあり、臨床に必要な業務や作成する書類も増えました。そこで臨床業務がスムーズに行えるようにCROやSMOが専門的な知識やスキルを生かしてサポートしています。

参考リンク
・メディサーチ:業界情報「CRO・SMOとは?

CROとSMOの違い

CROとSMOの違い
特徴 CRO SMO
サポート対象 製薬会社の治験業務 医療機関の治験業務
主な業務内容 モニタリング
統計解析
品質管理
薬事申請
GCPの作成
担当医師のサポート
治験者への説明
IRB事務局の運営補助

CRO(受託臨床試験機関)とSMO(治験施設支援機関)の大きな違いは、治験業務をサポートする対象です。CROは製薬会社から、SMOは治験実施期間である病院から委託を受けて治験業務をサポートします。

またCROが臨床試験のモニタリングやデータ収集と統計解析など治験監理と資料作成が主な業務内容で、SMOは患者さんへの治験内容の説明や担当医師のサポートなど次際の治験作業をサポートします。

転職先としてのCROとSMO

現在はさまざまな製薬会社が新薬創薬のために研究・開発を進めており、治験業界のニーズは非常に高まっています。製薬会社が10年後の市場動向などを考慮した上で開発分野を決定していることもあり、計画通りに治験が進まないと他社に遅れを取ってしまうため治験業務をスムーズに進めたいところですが、CRO・SMOの人材が不足していることもあり臨床段階で滞っているのが現状です。

薬剤師の資格を持っている人は薬学的な知識があり、コミュニケーション能力も高いので採用を希望しているCROやSMOは多いです。治験経験が無くても20~30代であれば転職できる可能性は高く、また平均年収も500 ~ 800万円と調剤薬局や病院勤務に比べると高くなっています。

CROやSMOへの転職を検討する際に確認しておきたいのが、新薬開発における患者さんとの関わり合い方です。CROはさまざまな新薬を世に出すために貢献できるやりがいがあり、SMOは治験に協力してくれる一人一人の患者さんに関われるというやりがいがあります。

専門の転職サイトに登録すればCROやSMOの職場見学会に参加できたり、コンサルタントが様々なアドバイスをしてくれるので、まずは薬剤師転職サイトに登録されるのがおすすめです。

CROとSMOのまとめ

  • CROとSMOは臨床試験の専門的スキルを持ったプロ
  • CROは製薬会社を、SMOは病院の治験業務をサポートする
  • 治験業界では薬剤師のニーズが高まっており収入も比較的高い

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加