薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の基礎知識 > 正社員MRとコントラクトMRの違い


正社員MRとコントラクトMRの違い

正社員MRとコントラクトMRはどのように違うのでしょうか。年収などの待遇や求められるスキルなどそれぞれの職種の違いについて解説しています。

正社員MRとコントラクトMRの仕事とは

高収入の薬剤師の職種としてMR(Medical Representative)がありますが、製薬会社や医療機器メーカーに所属する正社員MR(プロパー)とアウトソーシングとしてMR業務を代行するコントラクトMRとはどのような違いがあるのでしょうか。

正社員MRは製薬会社や医療機器メーカーに所属し、自社が開発・製造している医薬品の有効性や副作用情報を医療関係者に正しく伝えるのが主な仕事です。医薬品や医療機器の適正使用、薬害防止を目的としていますが、自社製品のメリットも説明することで営業活動も担っています。

コントラクトMRはCSO(医薬品販売業務受託機関)に所属し、製薬会社や医療機器メーカーに勤務してMR業務を代行しています。具体的な業務内容は正社員MRと変わりません。請負内容によってはPMS(市販後調査)やマーケティング支援も行います。

正社員MRとコントラクトMRの具体的な違い

正社員MRとコントラクトMRの違い
項目 正社員MR コントラクトMR
所属先 製薬会社
医療機器メーカー
CSO
業務内容 医薬品情報提供
(効能、副作用、服薬方法など)
医薬品情報提供
(効能、副作用、服薬方法など)
年収 800 ~ 1,000万円 400 ~ 800万円
手当・福利厚生 製薬会社の規定 CSOの規定
転勤 あり なし
中途採用(転職)
応募条件
MR経験必須 未経験可
専門資格 MR認定資格 MR認定資格
薬剤師資格 必要なし
(所有していると有利)
必要なし
(所有していると有利)

正社員MRとコントラクトMRの大きな違いは待遇面です。正社員MRの平均年収が1000万円近いのに対し、コントラクトMRの場合は700万円程度となっています。薬剤師の職種の中でもコントラクトMRは高収入の部類に入りますが、仕事内容が同じことを考えれば正社員MRの方がメリットがあります。

また福利厚生や手当なども製薬会社や医療機器メーカーの方が充実していることが多く、特に住宅手当に関してはCSOでは支給されないところも多いので注意が必要です。ただし正社員MRは転勤があるので、引越しができない人にとってはコントラクトMRも魅力が高い職種です。

中途採用や転職に関しては正社員MRはこれまで他社でMRとして経験を積んでいるか、薬剤師と認定MRの資格を持っていることが応募条件となっておりハードルが高くなっています。コントラクトMRの場合は未経験でも採用され、研修を受けて認定MRの資格取得も目指せます。

転職先としての正社員MRとコントラクトMR

収入や福利厚生などの待遇面などでメリットが大きいのは正社員MRの方ですが、応募条件や年齢制限などが厳しくなっています。条件に合う薬剤師さんで高収入を望まれる方は正社員MRへの転職を検討されることをおすすめします。

コントラクトMRへ転職する場合、正社員MRとして経験があれば年収は500~600万円の間でスタートしますが、未経験の場合は400万円台から始まります。調剤薬局やドラッグストア勤務の薬剤師さんが転職する場合、年収が下がってしまうことがあるので注意が必要です。

MR職には興味があるけれど、どちらの職種が良いのか分からないという方は薬剤師専門の転職サイトに登録してコンサルティングサービスを受けられるのをおすすめします。製薬会社やCSOとつながりがある担当者が、会社の特徴を分かりやすく説明してくれたり、将来を見据えたキャリアプランなどを提案してくれます。高年収の非公開求人も紹介してくれるのでまずは無料登録してアドバイスを受けてみましょう。

正社員MRとコントラクトMRの違いのまとめ

  • MRは高年収とキャリア形成に魅力が高い職種
  • コントラクトMRは採用のハードルが低く未経験でもチャレンジできる
  • どちらが良いか迷っている方は専門家によるアドバイスを受けてみる

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加