薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の基礎知識 > 薬剤師とは


薬剤師とは

薬剤師とはどのような職業なのでしょうか。主な仕事内容やこれからの薬剤師について解説しています。

薬剤師の役割とは

薬剤師さんと言えば、「病院からもらった処方せんに書かれた薬を調剤して渡してくれる人」「ドラッグストアの調剤コーナーで勤務している人」というイメージがあります。昔は「街の科学者」とも呼ばれ、病気に対する知識だけではなく、害虫の駆除方法や住まいに関する知恵なども併せ持ち、地域住民から頼られる身近な存在でした。

現在では法律によって薬剤師の任務が下のように規定されており、医師・看護師とともに医療人として重要な役割を担っています。

『薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。』薬剤師法第一条(薬剤師の任務)

錠剤や貼り薬などさまざまな形の薬がありますが、わずかな量を使うだけで熱がおさまったり痛みを感じなくなったりなど薬には大きな効用があります。反対に誤った使い方をしてしまうと副作用を引き起こしたり身体に重大な疾患を引き起こしてしまう危険性もあるので、患者さんたちが安全にかつ有効に利用できるように貢献するのが薬剤師が果たす役割です。

カウンターで話す女性

薬剤師の主な仕事

昔は薬を調合したり服薬の指導したり、また、地域の公衆衛生に寄与するのが薬剤師の主な仕事でした。現在では専門化・分業化が進み、さまざまな職業で薬剤師が活躍しています。

    Check Point

  • 調剤(薬局、病院)
  • 服薬指導、薬歴管理
  • 医薬品の開発
  • 情報提供、薬の供給
  • 薬事衛生
  • 教育

「調剤」とは、医師や歯科医が処方した処方せんに基づいて薬を作るものです。ただ単に薬を調剤して患者さんに渡すだけではなく、服用方法や服用期間を伝える「服薬指導」、患者さんの体質や体調に合わせて副作用が出ないように調整することも大切な仕事です。

また製薬会社で活躍する薬剤師は、新しい医薬品を開発したり、医師や看護師など医療関係者に医薬品の情報を提供しています。また医薬品卸は問屋として病院や調剤薬局に薬の実物を納品し、地域に医薬品を供給するという役割も担っています。

他にも学校薬剤師としてプールの水質管理や薬剤管理、保健所に勤務する薬剤師は食品衛生、中には麻薬取締官として地域の薬物汚染を防いだり自衛隊の薬剤官として活躍している薬剤師もいます。

薬学部が6年制に移行し5・6年次に現場研修を受けることが必須となったため、若い学生を指導する「教育」という大切な役割も担うことになりました。普段は薬局などで接することが多い薬剤師さんですが、実際はさまざまな形で地域の薬事衛生、公共衛生に貢献しています。

これからの薬剤師

以上のようにさまざまな形で活躍している薬剤師さんたちですが、これからはまた違う役割を求められると言われています。例えば最近店舗数が増えてきているドラッグストアですが、ドラッグストアで働く薬剤師は調剤・服薬指導・薬歴管理を行うだけではなく、医薬品以外の商品の販売、接客スキル、お店を経営する能力なども求められています。

また医療費が財政を圧迫していることもあり、国は価格が安い「ジェネリック医薬品」を患者に薦めるようにガイドラインを示しています。介護を必要とする要介護者の増加に伴い在宅医療の重要性も高まってきており、より高いレベルの専門的なスキルを身に付けた薬剤師が必要とされることは間違いありません。

転職を検討されている薬剤師さんは、自分がどのような分野で活躍したいのか、その分野で活躍するためにはどのようなスキルが必要なのか、を意識して活動を進めることが大切になってきます。

参考リンク
・日本薬剤師会:「薬剤師とは

薬剤師のまとめ

  • 地域の薬事・公衆衛生だけではなく、生活のアドバイザーとしての役割を持っている
  • 現在では専門・分業化が進み、さまざまな職業で薬剤師が活躍している
  • これからはより高度な知識とスキルを持った薬剤師が重宝される

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加