薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の基礎知識 > 登録者数の変化、男女比の割合


登録者数の変化、男女比の割合

薬剤師の男女比はどのようになっているのでしょうか。登録者数の変化や男性、女性の違いについて解説しています。

薬剤師の登録者数

厚生労働省が2012年(平成24年)に行った調査によると、全国の薬剤師登録者数は合計で280,052人で、男性が39%、女性が61%という結果になりました。

タイトル
項目 男性 女性 合計
登録者数 109,264人 170,788人 280,052人
薬局の従事者 153,012人
病院の従事者 52,704人
大学の従事者 5,249人
医薬品関係企業 45,112人
行政関係の従事者 6,443人
その他 17,517人

登録者数は前年(2011年)に比べて3,535人増加していますが、2011年度の国家試験合格者数を考えると、未登録者や登録抹消者が多いことも推測されます。

私立大学の薬学部が増設されたり6年制薬学部への移行が終わったことで、今後は毎年8,000 ~ 10,000人の薬剤師登録者数があると予測されています。薬学部に通う学生の男女比も3:7 ~ 4:6となっていることから、薬剤師はこれからも女性が比較的多い職業の1つとなるでしょう。

参考リンク
・厚生労働省:「施設・業務の種別にみた薬剤師数(2012年)

薬局・病院従事者数の変化

薬剤師が働く職場として主に調剤薬局やドラッグストア、病院がありますが、1982年 ~ 2012年の統計によると病院で働く薬剤師が微増しているのに対し、薬局で働く薬剤師は約4倍になっていることが分かります。

従事者数の変化

薬局従事の薬剤師が増えた背景として大手ドラッグストアチェーンの店舗数拡大やセルフメディケーションの推進によって一般用医薬品の需要・売上が上がったことも影響していると考えられます。

登録販売者の資格制度が創設されましたが、薬学部6年制移行による一時的な薬剤師不足や調剤コーナーの設置による他店との競争も激しくなってきていることからも需要は安定して続き、今後も調剤薬局・ドラッグストア勤務の薬剤師は増加していくと推測されています。

参考リンク
・スギ薬局グループ:「処方せんはスギ薬局へ

薬剤師は女性が多い職業の1つ

薬剤師さんは女性の割合が多い職業の1つで、看護師や介護士と同様に接客や服薬指導などにおいて女性が持つ親しみやすさを生かせる仕事です。反対に人間関係での悩みが大きくなることもあり、人間関係が原因で退職・転職をせざるを得ない状況になることもあります。

また結婚や妊娠を機会に退職、休職をする女性薬剤師も多いので、雇用主側から考えると育児休暇や復職のための講習制度の充実など福利厚生を整えることも薬局や病院経営を安定させるポイントとなります。

男性は1つの企業で長期にわたって雇用しやすいこともあり、製薬会社の開発部門やMRの営業職として働く薬剤師さんも多いです。ドラッグストアで働く場合は管理薬剤師や店長など責任のあるポストに就くことも多く、収入の他に手当も多くなるので年収も比較的増える傾向にあります。

登録者数の変化、男女比の割合のまとめ

  • 今後も薬剤師登録者数は増加していくと予想されている
  • 男性4割、女性6割の比率となっており、女性が多い職種の1つ
  • 経営者にとって女性のための福利厚生や男性には大きなポストを当てるなどの工夫が必要になる

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加