薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の基礎知識 > 薬剤師に不向きな人とは


薬剤師に不向きな人とは

どのような人が薬剤師には不向きなのでしょうか。不向きな性格を持つ人などを解説しています。

仕事が雑な人、細かすぎる人

薬剤師の仕事に向いていない性格として、まず仕事が雑な人が挙げられます。「薬剤師に向いている人とは」でも触れましたが、患者さんが持ってきた処方せんだけでもチェックする項目は数多くあり、同じ作業を1日の中で何回もこなすことが必要です。

毎週のように新しい薬が世に出ていることもあり、新薬の情報について記載されているMRからのメールなども確認しなければいけません。また薬剤師の責任として「医薬品の適正管理」があり、処方した薬の数と納品・在庫数を照らし合わせて、薬が数がきちんと合っているか定期的にチェックしなければいけません。

そのため1つ1つの仕事を面倒に感じて、確認を怠ったりする性格の人には向いていないかもしれません。反対に細かいところが気になりすぎる人も神経を使い過ぎて集中が続かなくなるので、「気を使うところは使う、手を抜くところは適度に抜く」などメリハリを持って仕事に臨める人が薬剤師に向いています。

会話や人と接するのが苦手な人

薬剤師の仕事の1つとして患者さんに対する「服薬指導」がありますが、人と会話したり接することが苦手な人は患者さんからうまく情報を聞き出すことができません。そのため要望に合った薬を手渡すことができなかったり、間違った服薬指導を行ってしまう危険性もあります。

また調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師は、OTCにおける一般用医薬品の選択や商品の案内など業務のさまざまな面においてコミュニケーション能力が欠かせません。特に営業時間が長いドラッグストアでは他の薬剤師や登録販売者への連絡、引き継ぎ事項など大切な情報を伝えることも大切な仕事です。

MR職として働く場合も医師や看護師に適切な「情報提供」を提供を行ったり、病院の調剤室で勤務する場合でも最近ではチーム医療の中での「薬学的なアドバイス」を求められるなど、他の医療関係者と連携して取り組まなければいけない機会が増えました。

コミュニケーション能力は他の職業でも重視されているスキルの1つでありますが、薬害など患者さんに与える影響の大きさを考えると、会話によって自然と情報伝達ができる人が薬剤師に向いていると言えるでしょう。

プライドが高すぎる人

最後に困った薬剤師としてプライドが高すぎる人があります。高度な専門的な知識を持ち国家試験に合格した薬剤師の中には、プライドが高く患者さんや医薬品卸担当者に対して同じ目線になれない人もいます。

例えば服薬指導をしっかりと行ったのに、患者さんが飲み方を間違えてクレームがあった場合、「自分はちゃんと仕事をした」というスタンスで仕事を省みない薬剤師と、「もっと分かりやすく伝える方法は無かったか?」と常に業務の改善を問い続ける薬剤師では大きな違いがあります。

疑問を持つ薬剤師

長期的には薬剤師が過剰供給されるという調査報告もあり、企業や病院も資格を持っているだけではなく、持っているスキルや性格の適正で厳しく判断される時代が訪れることが予想されます。

薬剤師に向いていない人のまとめ

  • 雑な性格で丁寧な仕事が難しい人
  • 会話が苦手でコミュニケーションが取りにくい人
  • プライドが高すぎて患者さんの立場に立って仕事ができない人

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加