薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の基礎知識 > 薬剤師の仕事内容


薬剤師の仕事内容

薬剤師さんは実際どのような仕事を行っているのでしょうか。具体的な仕事内容や社会的な役割などについて解説しています。

調剤、製剤、薬歴管理、服薬指導、OTC

薬剤師が携わる仕事内容として最もイメージしやすいのが「調剤」です。医師・歯科医が処方した処方せんに従って、患者さんを薬学的にケアするために薬を調合します。薬の種類や量を間違えないようにすることはもちろん、患者さんが薬を服用しやすいように配慮することも求められます。

また患者さんがこれまでどのような薬を服用してきたかを把握するために「薬歴管理」という仕事も行っています。これによって薬の飲み合わせによる弊害や副作用のリスクを軽減し、かかりつけの医師と連携してより適切な薬を手渡すことができるようにしています。

薬は小さな量で身体に大きな影響を与えることから、服用方法を間違えると日常生活に不具合をもたらすこともあります。例えば眠気を誘引する副作用がある薬を処方する場合は、車の運転や機械を動かす仕事をする患者さんに注意を促したり、患者さんの要望を聞いて別の種類の薬に変更することも「服薬指導」の仕事です。

OTCとは、「Over the Counter」の略で、カウンターごしに患者さんの健康状態に合わせて適切な薬をアドバイスする仕事です。ドラッグストアなどで販売されている一般用医薬品の中には薬剤師にしか販売できない薬(第1類医薬品)もあり、セルフメディケーションの推進とともに薬剤師が地域住民の健康増進により大きな役割を果たすようになってきています。

医薬品の管理

薬剤師は患者さんに適切な薬を提供するだけではなく、医薬品を管理するという仕事も担っています。調剤薬局や病院で保管している薬の在庫管理や品質管理、また実験などに使う劇物の安全管理なども行います。

学校薬剤師として勤務している薬剤師は、保健室の薬剤管理や理科薬品の検品、在庫管理なども行っています。例えば生徒が勝手に薬品を使用しないように保管庫に鍵をしっかりとかけておくのも大切な仕事です。

医薬品の開発、供給、情報提供

製薬会社に勤務している薬剤師は、新しい薬を開発する「創薬」やMRやDIとして医療関係者に薬の「情報提供」を行っています。また開発した薬の効果を確かめるCRC(治験コーディネーター)やCRA(臨床開発モニター)として働く薬剤師がいます。

また医薬品を調剤薬局やドラッグストア、病院へ供給するための医薬品卸会社に勤務している薬剤師もいます。仕入れ量に合わせて卸価格などが決まるため、薬学的な知識だけではなく交渉力も必要とされる仕事です。

薬事衛生、教育

他にも食品衛生や環境衛生など、薬に関して影響する分野において衛生を行っています。例えば災害時には避難所において医薬品の供給や管理を行ったり、病気の感染が拡大しないように消毒などの処置を行うように管理することも大切な仕事として求められてます。

また学校薬剤師は、プールの水質を検査したり教室の明るさや空気環境の衛生管理、給食室の食材の保管方法や調理方法などの衛生管理、薬物による消毒などをはじめ、喫煙、飲酒、薬物乱用防止のための教育を行うことを法律で定められています。

教育という面では薬学部学生の実技研修や大学教員となって研究を続けながら授業を受け持つ薬剤師もいます。中には国家試験対策のための予備校講師となって、薬剤師国家試験の合格を目指す学生に専門的な教育を提供する薬剤師もいます。

薬剤師の仕事内容のまとめ

  • 患者さんが薬による適切な効果を得られるように、調剤や服薬指導、薬歴管理などを行う
  • 新薬の開発や治験、薬に関する正しい情報を提供、医薬品の供給を行う
  • 薬学の知識を生かしてあらゆる面での衛生管理をはじめ、薬に対する教育を行う

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加