薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の基礎知識 > 薬剤師になるには


薬剤師になるには

薬剤師になるためにはどのような方法があるのか紹介しています。社会人入学や学部編入についても解説しています。

薬剤師になるには

薬剤師になるためには、現在では6年制の薬学部を卒業して国家試験に合格するのが一般的なルートです。国家試験に合格した後に免許の申請を行い、手続きが終われば薬剤師免許が交付されます。

薬剤師免許を取得するまでのプロセス

6年制の薬学部を卒業する以外の方法としては、4年制の薬学部を卒業後に薬剤師国家試験の受験資格がある薬学系の大学院に進学し、必要な単位を取得して卒業するというルートもあります。ただし大学院を卒業して受験資格を得るルートは、平成29年度の入学者までとなっています。

国家試験の受験資格

上のように国内の薬学系大学を卒業することによって受験資格を得る方法の他に、海外の薬学系大学または薬剤師学校を卒業した人も薬剤師国家試験を受験することができます。

    Check Point

  • 学校教育法に基づく大学において、薬学の正規の課程(6年制薬学課程)を修めて卒業した者
  • 平成18年度から平成29年度までの間に学校教育法に基づく大学に入学し、4年制薬学課程を修めて卒業し、かつ、学校教育法に基づく大学院において薬学の修士又は博士の課程を修了した者
  • 外国の薬学校を卒業し、又は外国の薬剤師免許を受けた者で、平成24年4月1日以降に、厚生労働大臣がに掲げる者と同等以上の学力及び技能を有すると認定した者

薬剤師になるためには専門学校ではなく大学を卒業する必要があります。「薬種商」は専門学校を卒業して取得することができ、「薬店」を開業し一部の薬品を販売することができます。「薬剤師」のみがすべての医薬品を取り扱える「薬局」を開業することができます。

参考リンク
・厚生労働省:「薬剤師国家試験

社会人入学、学部編入

薬剤師は安定した需要があり高い収入を得られる人気が高い職業ということもあって、社会人になってから薬剤師を目指す人もたくさんいます。しかしながら現行の6年制の薬学部を卒業するとなると就職までに長い期間を必要となります。

そこでいくつかの薬科系大学では2年次、3年次に薬学部に編入できる社会人向けの編入試験を実施しているところがあります。理系の学部を卒業している人は他大学で履修した単位が認められより早く薬学部を卒業できるケースもあるので、社会人入学や編入試験を設けている大学に問い合わせされることをおすすめします。

また同じ大学の異なる学部から薬学部へ転部することができる転部試験を設けている大学もあります。もちろん化学や生物、数学など薬学を学ぶ上で必要とされる学力が試されるので、薬学部へ転部するためには改めて関連科目を勉強する必要がありまが、残念ながら薬学部に合格できなかった人でも再度薬剤師を目指すチャンスがあります。

参考リンク
・東京理科大学:入試Q&A「転学部・転学科/再入学について

薬剤師になるにはのまとめ

  • 国内の6年制薬学部を卒業するのが現在の一般的なルート
  • 大学院を卒業、または海外の薬剤師学校を卒業する方法もある
  • 社会人入学や転部を利用して卒業までにかかる期間を短縮することもできる

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加