薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の職種 > 化粧品・食品メーカーの仕事・年収と将来性


化粧品・食品メーカーの仕事・年収と将来性

化粧品・食品メーカーで働く薬剤師の仕事内容や年収、求められるスキル、将来性などについて解説しています。

化粧品・化学・食品メーカーの仕事内容と年収

薬剤師が活躍している職種といえば調剤薬局や病院というイメージもありますが、化粧品や化学・食品メーカーで働く薬剤師もたくさんいます。

化粧品メーカーは、新たな化粧品を企画・開発するという仕事の魅力や産休・育休などの福利厚生が充実しているという点から女性薬剤師に人気の就職・転職先となっています。化粧品メーカーの主な仕事内容は、化粧品の成分に関する基礎研究や安全性を確かめるテスト、時には新しい商品の企画や薬事申請などの業務も行います。

化学メーカーでは衣類や食品、医薬品などに使用される原材料(成分)の基礎研究などを行います。現在では分業化も進んでおり、製薬会社の委託を受けて医薬品の研究・開発を行うこともあります。

食品メーカーでも新しい食品の企画・開発などが行われていますが、特に直接口に入るものを販売していることから原材料や食品添加物の成分分析を行い、安全性について薬学的な観点からチェックする役割を担っています。最近では健康補助食品やサプリメントなどの美容・健康に関する基礎研究にも力を入れています。

メーカーの研究開発職

化粧品・化学・食品メーカーでは、研究・開発・企画だけではなく商品の製造部門に関わることもあります。品質管理、製造管理と呼ばれるところで、機械を使った試作品の作成や製造工程の改良、商品の品質保持、衛生管理、製品仕様書の作成なども行います。

平均年収は450~650万円と調剤薬局で働く場合と大きな差はありませんが、大手メーカーに勤めると企業年金や休暇制度など福利厚生が充実しているのは大きなメリットです。また化粧品や食品など商品を通じて健康や美容に貢献できるのも大きな魅力です。

化粧品・化学・食品メーカーで求められるスキルや資格

    Check Point

  • 1:薬学の知識を生かした研究・臨床スキル
  • 2:コミュニケーション能力
  • 3:製造管理および品質管理
  • 4:薬事行政、申請などの法務知識
  • 5:英語力
  • 6:薬剤師の資格

メーカーの研究・開発部門で働く場合、薬剤師が持つ薬学の知識や経験を生かしたスキルが求められます。化粧品メーカーや食品メーカーの場合は、新しい成分の基礎研究はもちろん直接肌につけたり口に入れたりすることから、身体に対する効果や安全性などをさまざまな方法によって確認していくことが大切です。

最近では美白化粧品や石鹸による健康被害が起こったこともあり、アレルギーテストや添加剤の安全性を入念に確認し、安心・安全の化粧品を企画・製造ができる人材が求めらています。

また新商品を1から企画し販売するまでチームとして携わることになるので、商品開発者や製造責任者、臨床モニター担当者など、さまざまな関係者とコミュニケーションを図りプロジェクトを進めていくスキルも求められます。時には海外で商品を製造する場合もあり、英語を使って交渉を行うこともあります。

医薬品や化粧品を製造・販売するためには国や行政からの許可が必要なので、薬事関連の法務手続きの経験やスキルがある人も求められます。

化粧品・食品メーカーへ転職するメリット・メリット

    メリット

  • 各種手当や福利厚生が充実している
  • 女性が働きやすく出世しやすい
  • 研修制度が充実している
  • 商品を通して社会に貢献できる
  • 転勤がない

化粧品・化学・食品メーカーで働く場合、さまざまな手当が充実しているというメリットがあります。勤める会社にもよりますが、主な手当として住宅手当や通勤手当、家族手当や資格・技能手当、単身赴任や海外赴任には勤務地手当などがあり、働く人にとって魅力が高い職種です。

また化粧品メーカーは女性社員も多く、育休や産休制度、復職支援制度を充実させ女性が働きやすい環境を整備している会社もあります。女性管理職を積極的に採用したり、女性でも昇進・出世しやすい雰囲気があるので、1つの会社でキャリアを高めたい女性におすすめの職種です。

大手メーカーでは一般的なビジネスマナーや専門的な研究・治験・薬事関連の業務についてもしっかりと研修を受けることができるので、薬学部新卒の学生にもメリットが多くあります。転勤がない会社も多く、勤務エリアを限定している薬剤師にとっても転職しやすいメリットがあります。

    デメリット

  • 高収入は望めない
  • 調剤スキルは学べない
  • 安全性に対する責務が大きい

化粧品・化学・食品メーカーで働くデメリットとして、あまり高い収入は望めないという点があります。MR職や製薬会社の研究・開発職では1,000万円近くの平均年収があるのに対し、化粧品・化学・食品メーカーでは平均年収が450~650万円と低くなっています。

ただし、中には豊富な経験とキャリアを生かし研究・開発職として年収800万円を超える薬剤師もいるので、転職サイトに登録して非公開求人を紹介してもらうようにしましょう。

また調剤業務に関するスキルアップができないので、新卒で入社してしまうと調剤薬局や病院に転職しにくくなるというデメリットがあります。将来のキャリアプランを考えた上で就職・転職を決めることが大切です。

最近では化粧品や医薬部外品による重大な副作用、薬害などを引き起こすケースがあり、メーカーの製造者責任に対して厳しい目で見られるようになりました。商品を通じて健康や美容に貢献できるというやりがいも大きいですが、1つ1つの商品を責任を持って製造・販売するという意識が求められます。

化粧品・食品メーカーへ転職する前のチェックポイント

    Check Point

  • 配属される部門について
  • 研究・開発分野と製造される商品について
  • 研究費の予算委ついて

転職前にチェックしておいたいポイントとして、まず配属される部門についてです。基本的に求人情報に配属先が記載されていますが、中には研究開発と製造・品質管理を同時に募集しているところもあり、希望する部署があれば面接時などに採用担当にきちんと伝えておきましょう。

また研究・開発部門に配属されえる場合、研究対象の分野や成分、物質などについても確認しておきましょう。化粧品会社に転職したのに実際は殺虫剤に使用される成分の開発・臨床をすることになるなど、会社名だけで研究分野を判断しないようにしましょう。転職サイトに登録しておけば事前にエージェントから具体的な仕事内容について説明してもらえるというメリットもあります。

会社によっては数十億円の研究費をかけるところもあり、小規模なプロジェクトだと数億円規模の開発費になります。マーケティングから販売、売上まですべての面でうまくいかないと商品開発のプロジェクトとも中断することもあるので、会社がどのような戦略・方向性で研究開発を進めようとしているのかも把握しておくのが失敗しない転職のために必要です。

化粧品・化学・食品メーカーの将来性

大手メーカーに勤める場合は収入面において非常に安定しており、勤続年数によって昇給・昇格などもあります。またセルフメディケーションの推進によって健康食品のニーズが高まっており、美容意識の向上もあって化粧品市場も毎年のように拡大しています。

他業種から健康・美容分野への参入が相次いでいることから、今後も継続して成長が期待される分野です。特に薬剤師は専門的な知識・スキルを仕事にいかすことができるので、薬剤師の資格を持っていればメーカーへの転職は比較的簡単にすることができます。

反対に中小メーカーの場合は、健康被害を引き起こすと経営が大きく揺らぐことになるので資本力や研究体制、研究費の予算などについても転職前に確認しておくことが大切です。転職サイトに登録すれば無料コンサルタントを利用できるので、まずはいくつかのサイトに登録されるのをおすすめします。

参考リンク
・カネボウ化粧品:「医薬部外品有効成分ロドデノール配合製品に関する問題について
茶のしずく石鹸等による小麦アレルギー情報サイト

化粧品・化学・食品メーカーのまとめ

  • 原材料の基礎研究や化粧品・食品の開発、製造管理などを行う
  • 薬剤師の知識と経験をいかし、時には英語力も求められる
  • 安定した将来性が見込め、福利厚生の面からも女性薬剤師から人気が高い就職・転職先となっている

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加