薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の職種 > DM・統計解析の仕事・年収と将来性


DM・統計解析の仕事・年収と将来性

DMや統計解析として働く薬剤師の仕事内容や年収、求められるスキル、将来性などについて解説しています。

DM・統計解析の仕事内容と年収

製薬会社の研究・開発によって生まれた新しい成分(化合物)が、医薬品としてどのような効果があり、また安全性に問題がないか確認する大切なプロセスとして「治験」があります。

臨床実施機関(大学病院など)において得られた治験データをCRA(治験開発モニター)が収集し、DM(データマネジメント)が症例報告書(CRF)のデータをまとめ、情報を照らし合わせながらデータベースに入力します。

DMが入力したデータを使って医薬品に使用される成分の有効性や副作用の有無などを統計学的に分析するのが統計解析担当者で、最終的に国へ提出する資料作成のサポートなども行います。

臨床試験から新薬承認までの流れ

DMの平均年収は400~600万円、統計解析の平均年収は400~700万円となっており、安定した収入が得られるのが特徴です。CRO(受託臨床試験機関)ではプロジェクトリーダーへのキャリアプランもあり経験を重ねていけば高い年収も期待できます。

DMや統計分析担当者は、臨床試験によって得られた治験データを適正に入力したり分析することによって新薬創薬を影で支える存在です。病気やケガの治療に新薬が使用されるためには適正かつ迅速な臨床試験が求められており、DMや統計分析は医療技術の向上に欠かせない存在です。

DM・統計解析で求められるスキルや資格

    Check Point

  • 1:治験全体関する知識
  • 2:統計解析に関する専門スキル
  • 3:コミュニケーション能力
  • 4:プログラミング、データ入力
  • 5:英語(リーディングスキル)

DMや統計解析担当者にまず求められるのは、治験全体に関する幅広い知識です。臨床試験はどのようなプロセスで行われ、GCP(臨床実施基準)にはどのような条件があるか、新薬承認のためにはどのようなデータが必要なのか、など治験の全体像を把握した上でDM・統計解析業務を行うことが求められます。

DMはCRA(治験開発コーディネーター)が収集したデータを統計処理しやすいようにデータベースを構築したり、派遣やアルバイトスタッフへの支持などコミュニケーション能力も求められます。

統計解析担当者はDMが作成したデータを統計学を活用して分析しますが、統計に関する知識はもちろん分析の際に使用するプログラム構築なども行います。そのためIT業界からの転職者も多い職種です。

疑わしいデータが現れた場合などは治験を行った病院やSMOに問い合わせしますが、最近では英語で書かれた症例報告書(CRF)も多く必要最低限の英語力も求められます。また薬剤師の資格があると薬学に関する知識も生かして治験データの有用性などを確認することができます。

DM・統計解析へ転職するメリット・デメリット

    メリット

  • 専門的で高度なスキルを身につけることができる
  • 安定した収入アップが期待できる
  • 休日はしっかり取れる、福利厚生も充実

DM(データマネジメント)や統計解析の仕事はCROの中でも専門的なスキルが必要とされ、仕事を通じてスキルアップしていくことができます。特に臨床試験に必要なデータ処理や統計解析の手法、IT技術など幅広くかつ高度なスキルを身につけることができるのが1つのメリットです。

また製薬会社のMR職や医薬品卸のMSとは異なり営業ノルマなどがないので、比較的安定した収入があります。DM職は400~600万円、統計解析担当は400~700万円の平均年収となっており、勤続年数が増えるとともに年収も上がっていくので、安定した収入アップや昇進も見込めます。

休日もしっかりと取れることが多く、プロジェクトの進捗によっては残業が無い日もあります。DMは女性の割合も多いことから育児休暇や復職支援などの福利厚生が充実しているところも多く、薬剤師の資格があれば手当をもらうこともできます。年末年始や夏季の長期休暇も取得しやすいのが特徴です。

    デメリット

  • 薬剤師の知識やスキルを発揮しにくい
  • 他の職種へと転職しにくい
  • 治験の進捗具合によっては残業や休日出勤もある

DMや統計解析として働く場合に気をつけなければいけないのが、薬剤師の資格を生かしきれないという点です。薬学的な知識や技術よりもデータの適正確認やプログラムの作成といった治験業務に関係するスキルが求められており、薬剤師の資格はあくまで補完的な機能となります。

もちろん調剤スキルや幅広い医薬品の知識などをDM・統計解析の仕事を通じて身につけることは難しいので、調剤薬局やドラッグストア、病院薬剤師として転職する上ではデメリットもあります。また治験の現場へ行く機会も少ないので、医師とのコネクションも築きにくいともいえます。

経験を積んでいくと複数のプロジェクトを任されることもあり、CRAが回収した症例報告書の数が増えてくると残業や休日出勤を余議なくされることもあります。大量のデータを取り扱うため、初期設定で間違えると修正に大きな作業が必要になり、ミスを防ぐためにもコミュニケーション能力を生かしてチームで働くことが求められます。

DM・統計解析へ転職する前のチェックポイント

    Check Point

  • 求められるスキルと補完できるスキル
  • これまでの治験プロジェクトについて

DMや統計解析担当して働く場合には、薬学的な知識(GCP基準やCRF記入方法など)と情報学・統計学の知識(データベース作成、統計解析のプログラミングなど)やスキルが求められます。調剤薬局や病院薬剤師として働いてきた場合に後者の知識が全くない場合でも転職が可能なのか事前にチェックしておくことが大切です。

特に転職先の研修制度がどの程度充実しているのか、機会があれば転職で入社した人に体験談なども聞いておくのがベターです。その際はこれまでどのような治験業務を行ってきたかも聞いておきましょう。

また他の職種へ転職しにくいという特徴もあるため、DM・統計解析への就職・転職を検討されている方は、薬剤師転職サイトのコンサルタントサービスなどを利用して生涯のキャリアプランを作っておかれるのをおすすめします。

DM・統計解析の将来性

現在、製薬会社からCROへ委託される治験業務は多く、今後もCROは安定した需要があると予想されています。そのためDMや統計解析担当者の中途採用を募集しているCROも数多くあります。またCROの他にもSMOや治験実施機関(大学病院など)にも採用枠があります。

DM・統計解析の業務を続けていけば専門的なスキルを高めることができ、勤務年数とともに着実な年収アップが見込めます。特に統計解析はより高度なスキルが求められることもあり、収入の面では他の薬剤師の職種よりも比較的高めになっています。

ハローワークや一般の求人情報が掲載されているサイトではDM・統計解析の求人情報は少ないので、まずは複数の薬剤師転職サイトに登録して求人をチェックされるのをおすすめします。中には高収入や福利厚生が充実した非公開求人を紹介してくれるところもあるので、働きやすさを求める薬剤師さんにもおすすめです。

参考リンク
統計検定
・Amazon:「医学・薬学データの統計解析―データの整理から交互作

DM・統計解析のまとめ

  • 臨床試験で得られたデータを入力・分析を行う
  • プログラミングやコミュニケーション能力など幅広いスキルが求められる
  • 治験業界の需要は高い水準で移行していくと予想される

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加