薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の職種 > MWの仕事・年収と将来性


MWの仕事・年収と将来性

MWとして働く薬剤師の仕事内容や年収、求められるスキル、将来性などについて解説しています。

MWの仕事内容と年収

MW(Medical Writing)は、医薬品や医療機器の臨床試験において必要な書類を作成し、資料をそろえて最終的に国へ提出する形へまとめる業務を行っています。雑誌などに掲載される健康情報記事を書く人は「メディカルライター」とも呼ばれますが、CROで働くMWは薬事申請に必要な書類を作成する専門家として「メディカルライティング」と呼ばれます。

MWの業務内容
業務 概要
新医薬品等承認申請資料(CTD)作成 治験を行う前に必要な「治験計画届」「治験実施計画書(プロトコル)」「治験実施基準(GCP)」などの書類を作成する
治験総括報告書(CSR)の作成 新薬申請に必要な「統計解析結果」や「安全性情報」「症例報告書」などを作成する
英語論文翻訳 英語や外国語で書かれた医学・薬学論文を適切な日本語に翻訳する
論文作成支援 医師や薬剤師が学会・学誌で発表する研究論文の作成をサポートする

臨床試験を行う前に必要な承認申請資料(CTD:コモンテクニカルドキュメント)である「治験実施計画書(プロトコル)」「臨床実施基準(GCP)」といった書類を準備し、治験をスムーズに進めるために必要な書類を形式に従って作成していきます。

また治験が終わると治験総括報告書(CSR:Clinical Study Report)である「症例報告書」「治験薬概要書」などをまとめ、DM・統計解析が作成した「統計解析資料」や添付して新薬承認に必要な書類を製薬会社に代わって作成します。

MWは他にも新薬や医療機器の薬事申請に関するコンサルタントを行ったり、一部のCROではQCの仕事を兼ねることもあります。平均年収は350 ~ 600万円ほどで、経験を重ねていくと着実に収入を増やしていくことができる職種です。新薬が世に出されるためにMWは欠かせない存在で、患者さんの治療に薬事申請という役割から貢献できる仕事です。

MWで求められるスキルや資格

    Check Point

  • 1:臨床試験に関する専門的な知識(特に薬事申請)
  • 2:コミュニケーション能力
  • 3:迅速な処理能力
  • 4:コンプライアンス意識

MWに求められるスキルとしてまず挙げられるのが、治験に関する専門的な知識です。特に薬事法や定格書式の作成といった薬事申請のために必要な知識で、医薬品や医療機器が国からの承認を得るために必要な手続きと書類・資料を整えることが求められます。

またCROで働くCRA(臨床開発モニター)やDM・統計解析担当者、QCといった人とチームで働くことが大事になるので、それぞれの担当者とスムーズにコミュニケーションがとれることも求められます。

必要な臨床試験が終わって適正なデータを収集できても、MWの業務が滞っているといつまでも新薬承認申請をすることができません。また間違った情報や副作用情報があれば適切に報告書へ記載し、医薬品のリスクについてもきちんと報告するコンプライアンス意識も必要とされます。薬害を未然に防ぐためにMWは最終的なチェックを行う役割も担っています。

MWへ転職するメリット・デメリット

    デメリット

  • 薬事申請に関する専門的な知識が身につく
  • 安定した収入と充実した福利厚生
  • PLや薬事コンサルタントとなるキャリアプラン
  • 経験を積めばフリーランスになることも

MW(Medical Writing)として働くメリットとして、治験における薬事申請の知識を身につけられることが挙げられます。治験を行うために必要な治験計画書や実施基準(GCP)、治験完了後の副作用報告書や症例報告書など、新薬申請書類の書き方や必要な資料についての知識を仕事を通じて身につけることができます。

また収入も比較的安定しており、経験を重ねていくことで着実に年収もアップさせることができます。またCROの中でPL(プロジェクトリーダー)や薬事コンサルタントとして活躍できるキャリアプランもあるので、実績次第で収入を大きくアップできる可能性もあります。

MWは特殊なスキルなのでフリーランスとして活躍している人もたくさんおり、子育てをしながら在宅で仕事を行うことも可能です。結婚後に在宅で仕事をしたいと希望している女性薬剤師さんは、独身のうちにMWとして経験を積むことで好きな時間に都合良く働く道も開けます。

    デメリット

  • 薬剤師の知識やスキルを発揮しにくい
  • 他の職種へ転職は難しくなる
  • プロジェクトの進捗状況によって残業も

MWとして働く際に気をつけたいのが、医薬品の調剤や服薬指導といったスキルは磨けないという点です。MRやMSといった職種とは異なる専門的なスキルのみを必要とされるので、調剤薬局や病院薬剤師などへの転職も不利になる可能性もあります。

また治験に参加してくれる患者さんと直接話をする機会がほとんど無くなるため、一人一人の患者さんと向き合って仕事をするというやりがいは得にくくなります。MWとして働く際にはやりがいをきちんと見いだせるかどうかも事前によく確認しておきましょう。

複数の臨床試験の開始・完了の時期が重なることで仕事が忙しくなる時期もあり、その際には残業が必要になることもあります。休日も製薬会社が開催する勉強会などへ出席することもあるので、転職を考える際にはCROの採用担当者によく確認しておかれるのをおすすめします。

MWへ転職する前のチェックポイント

    Check Point

  • 年収の変動・手当について
  • 研修制度や勉強会について
  • プロジェクト内容と残業や休日出勤の現況

MWへの転職を検討する際にチェックしておきたいのが、年収がどれくらい変わるかという点です。収入が多いMRやドラッグストア店長のような職種からMWへ転職すると、年収が大きく落ち込むこともあるので住宅ローンなどを組まれている方は返済計画について考えておきましょう。

また未経験で採用募集しているCROや製薬会社もありますが、研修や勉強会の充実度は会社によって異なります。より専門性を高めるために定期的な研修会を開いている会社がほとんどですが、会社によって考え方は異なるので注意が必要です。転職直後にOJTのみで先輩から教えてもらいながら業務を覚える会社もあり、スムーズに業務をこなすことができるかも確認しておきたい点です。

そして一番大切なチェックポイントは現在請け負っているプロジェクト内容と残業・休日出勤の具体的な状況です。MWは会社によっては人手不足で休みがなかなか取れないところもあったり、フリーランスのMWをうまく活用してアウトソーシングも取り入れているCROもあります。

自分自身が残業無しを希望されている場合は、繁忙期に外注を使える体制になっているか、また休日出勤があるかどうかもきちんと確認しておきましょう。専門の転職サイトに登録すればエージェントが内部事情などについて説明して紹介してくれるので、MWへの転職を検討されている方は複数の転職に登録していろいろなアドバイスを受けられるのがおすすめです。

MWの将来性

製薬会社からCROへのアウトソーシングも進んでおり、今後もMWは安定したニーズがあると予想されています。また治験関連書類の作成だけではなく、医師や薬剤師が学会で発表する論文の作成支援を行うMWもあり、さまざまな場面で活躍するMWが増えてきています。

メディカルライティング

CROでさまざまな経験を積んでPL(プロジェクトリーダー)や薬事コンサルタントととなるキャリアプランもあるので、700万円以上の年収になることも可能です。薬剤師の資格や経験もMWには有利になるので、転職を検討されている方は専門の転職サイトから求人情報を検索されるのをおすすめします。

参考リンク
日本メディカルライター協会

MWのまとめ

  • 臨床試験の実施や新薬申請に必要な書類を作成する
  • 治験に関する専門的な知識やコンプライアンス意識が求められる
  • MWは今後もさまざまな役割を担い安定したニーズが予想される

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加