薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の職種 > PMS(市販後調査)の仕事・年収と将来性


PMS(市販後調査)の仕事・年収と将来性

PMS(市販後調査)として働く薬剤師の仕事内容や年収、求められるスキル、将来性などについて解説しています。

PMS(市販後調査)の仕事内容と年収

PMS(Post Marketing Surveillanc、市販後調査)は製薬会社やCROに所属し、製造・販売が許可された医薬品の有効性や安全性について追跡調査を行うことを主な業務としています。

開発段階における医薬品の治験(臨床試験)段階では主に健康な人が治験協力者となって有効性や安全性の試験が行われますが、子供や高齢者、腎臓や肝臓などに特定機能障害を持った患者さんには試験は行われません。

そこで市販された後の医薬品情報を医師やMRから収集することによって、治験では得られなかった「他の薬との併用治療」や「長期使用による効果」といったさまざまな条件における医薬品の効果や副作用など幅広い数多くのデータをまとめるのがPMSが行う業務です。

PMSの業務内容
業務 概要
市販後調査
(GVP省令)
半年間にわたって対象となる医薬品に関する安全性情報を収集する
使用成績調査
(GPSP省令)
およそ3年間にわたって日常診療における対象医薬品の有効性、安全性、品質などを調査する
特定使用成績調査
(GPSP省令)
原則6年間、医薬品の影響が出やすい小児や高齢者、妊婦、特定機能疾患者、長期使用患者への医薬品の影響を調査する
再審査申請関連業務 医薬品販売から6年以内に、有効性や安全性に関する医薬品情報を再度申請する制度
再評価関連業務 医薬品販売から5年ごとに、医薬品の評価を行うための制度
学会論文発表対応 販売した医薬品の市販後調査や使用成績調査を学会や論文で発表するための業務、または治験担当医師・薬剤師の学会・論文サポート

平成17年4月1日以降に作成された使用成績実施計画書(または製造販売後臨床試験実施計画書)からは、新しい「医薬品の安全管理に関するGVP省令」と「調査や試験に関するGPSP省令」が適合されます。

PMSで働く場合の平均年収は450 ~ 650万円とされており、比較的収入が多い職種です。新しく製造・販売された医薬品が患者さんの治療にどのように貢献しているか調査し、また副作用の症例を報告し薬害を未然に防ぐなど医薬品が安全に使用され続けるために大切な役割を担っています。

PMS(市販後調査)で求められるスキルや資格

    Check Point

  • 1:市販後調査に関する幅広い知識
  • 2:英語力
  • 3:コミュニケーション能力
  • 4:プロジェクト管理能力
  • 5:薬剤師の資格

PMSにまず求められすスキルとして、市販後調査に関する知識や経験が挙げられます。市販後調査の業務内容は専門的でありながら多岐にわたっており、調査・臨床の実施基準や薬事申請関連法規のみならず、海外の症例報告書の収集や輸出向けの資料作成なども行うためビジネスレベルの英語力が求められることもあります。

また医師や製薬会社のMRから医薬品情報を収集したり、派遣社員への指示なども行うのでコミュニケーション能力は必要とされています。同時に複数の市販後調査を行うことになるので、使用成績調査や再審査・再評価業務などを管理する能力も求められます。

薬剤師の資格は必要としていないところがほとんどですが、薬学的な知識はPMSの業務に大きく役立つので就職・転職の際には優遇されます。資格手当を出してくれる製薬会社やCROもあるので、転職前にはチェックしておくようにしましょう。

PMS(市販後調査)へ転職するメリット・デメリット

    メリット

  • 最新の医薬品情報に関する知識を身につけられる
  • 専門性の高いスキルを磨くことができる
  • 比較的休日を確保でき福利厚生も充実している

PMSとして働くメリットとして、最新の医薬品に関するさまざまな情報を業務を通して吸収できるという点です。製薬会社から委託された医薬品に関する副作用や安全性に関する情報、また、競合する他社製品の医薬品情報などにも詳しくなります。そのためPMSの経験を調剤薬局勤務(独立開業)や病院薬剤師として働く際にも役立てることができます。

また市販後調査は国内・海外からの副作用や予想外の効能などの医薬品情報の収集、厚生労働省へ提出する調査報告書の作成など専門的なスキルが必要なため、PMSの業務を通じてスキルアップすることができます。製薬会社に市販後調査が義務付けられていますが最近ではCROへの外部化が進み、専門性の高い知識を持ったPMSは安定した雇用があります。

そのためCROの中でPL(プロジェクトリーダー)や薬事コンサルタントとして働くキャリアプランもあり、年収を大きくアップできるチャンスもあります。他のCROへ転職する機会に収入をアップさせることもできるので、PMSとして専門的なスキルアップと実績を積むことは高い収入を得るために大きなメリットがあります。

週休2日や祝日休みなど休みがしっかり取ることができるのもPMSのメリットで、各種社会保険はもちろん研修補助制度や英語力アップを補助してくれるCROや製薬会社もあります。

    デメリット

  • 薬剤師の資格を生かしきれない
  • 他の職種へ転職しにくい
  • 不定期の外勤がある

PMSとして働くデメリットとして、薬剤師の資格を生かしきれないという点があります。PMSの求人情報には薬剤師や看護師の資格保有者を条件としているCROや製薬会社も多いですが、調剤や薬歴管理といったスキルは必要はなく資格手当も出ないところもあるので注意が必要です。

またPMSの職種は専門的なスキルを伸ばすことができますが、薬局やドラッグストア、病院へ転職する際には経歴を生かしにくくなります。将来、調剤薬局の開業や結婚後にドラッグストアなどでパート薬剤師として働くことを想定している場合は、新卒でPMSへの就職のメリットとデメリットについてしっかりと理解しておきましょう。

PMSは医薬品情報を集めるために不定期で出張があることもあります。宿泊での出張も求められることもあるので、働き方を限定する薬剤師さんは面接時などによく確認しておきましょう。

PMS(市販後調査)へ転職する前のチェックポイント

    Check Point

  • 未経験での勤務
  • 求められる英語スキル

PMSの求人情報をチェックする際に注目したいのが「未経験可」が募集条件となっている場合です。製薬会社やCROによっては充実した研修制度を設けていたり、自主的な勉強会参加を補助してくれるところもありますが、中にはOJTのみで業務を通じてスキルを学ぶところもあります。

PMSのキャリアを極めたいと考えておられる方やCROの他の職種への転職も視野に入れている方は、研修制度が充実しているところを選ばれる方がメリットが大きいです。特に英語スキルのレベルアップを支援している会社もあるので、まずはいくつかの薬剤師専門の転職サイトに登録してコンサルタントのアドバイスを受けられるのがおすすめです。

PMS(市販後調査)の将来性

PMSの業務の中でもGVP省令は医薬品の製造販売業の許可要件となっていることから製薬会社は必ず行わなければならず、またGPSPは医薬品の製造・販売後の調査や臨床試験に関する遵守事項なので、PMSは今後も安定したニーズがあると想定されています。

市販後調査の分析、資料作成

製薬会社からCSO(医薬品販売業務受託機関)へのアウトソーシングも進んでおり、今後はより専門性の高いPMSが活躍できる機会が増えていくことでしょう。収入も経験を積み重ねていくことで安定して増えていくのでPMSは将来性が高い職種であると考えられます。

他のCROやCSO、製薬会社に転職すると年収アップできるチャンスがあるので、いくつかの薬剤師専門の転職サイトに登録して労働条件や福利厚生が充実している求人情報を検索されるのがおすすめです。

参考リンク
・e-Gov:「医薬品の製造販売後の調査及び試験の実施の基準に関する省令

PMSのまとめ

  • 医薬品が販売されてからの有効性・安全性を調査する
  • 市販後調査に関する幅広い知識と専門的なスキルが求められる
  • 安定した年収があり転職によって収入を増やすことができる職種

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加