薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の職種 > 保健所(地方公務員)の仕事・年収と将来性


保健所(地方公務員)の仕事・年収と将来性

保健所で働く薬剤師の仕事内容や年収、求められるスキル、将来性などについて解説しています。

保健所(地方公務員)の仕事内容と年収

薬剤師の中には公務員として働く人もおり、保健所に勤める薬剤師は薬事衛生のみならず環境衛生や食品衛生などの業務を行います。市民により近い立場で地域衛生に薬学的な知識を生かして貢献しています。

保健所の仕事内容
業務 概要
薬事衛生 医薬品や医療機器の有効性や安全性の確認、麻薬・覚せい剤・危険ドラッグなどの不適正使用防止、病院・薬局開設許可や立入り検査など
食品衛生 地域の食環境に対する安全性の確認、食品会社や飲食店への立入り検査、衛生指導、業務停止処分など
環境衛生 地域の環境衛生に対する安全性の確認、公衆浴場やプールの検査および監視、理容院・美容院・旅館などの水道衛生の向上、動物の処分など
健康相談 市民からの健康相談や食事栄養のアドバイスなど

保健所での業務は主に「薬事衛生」「食品衛生」「環境衛生」に分類され、地域の衛生保全に携わっています。特に薬剤師の資格を持って保健所で働く場合は薬事衛生を担当することが多く、薬局や病院への立入り検査や薬物の不正使用防止のために啓蒙活動なども行います。

保健所勤務の場合は地方公務員の給料体系が適用されることになります。ドラッグストアやMR職に比べると初任給は低いですが、安定した昇給が望める職種です。地域の衛生向上に薬学的な知識を生かして貢献できるのが保健所で働く大きな魅力です。

保健所(地方公務員)で求められるスキルや資格

    Check Point

  • 1:地方公務員試験(上級)に合格
  • 2:薬剤師の資格

保健所で働くためにはまず地方公務員試験(上級)に合格する必要があります。薬剤師の資格を持っていなくても受験することができますが、薬剤師の資格があると「薬剤師区分」または「薬学区分」という条件で受験でき、一般的な公務員試験よりも有利になるというメリットがあります。

ただし公務員試験を受ける上で気をつけなければいけないのが年齢制限で、受験資格を30歳まで、または経験者などキャリア採用は35歳までなどの年齢制限を設けている自治体がほとんどです。

また地方公務員試験に合格しても保健所に配属されるとは限らず、公立病院や薬務担当部課、衛生研究所、食品衛生担当課などに配属されることがあります。約3年の部署で配属先の担当部署が変わったり、また配属先が変わることもあるので勤務先が変更されることもあります。

保健所(地方公務員)へ転職するメリット・デメリット

    メリット

  • 安定した雇用と充実した福利厚生
  • 残業少なめ、カレンダー通りの休日
  • 専門的な知識を生かして地域に貢献できる

保健所(地方公務員)として働く大きなメリットととして、安定した雇用と収入があります。勤続年数と役職によって給料も上がり、ボーナスもあるので長い目で見ると収入も比較的多い職種です。共済年金保険をはじめ住宅手当なども充実しており、働きやすいメリットがあります。

また保健所の場合は比較的残業も少なく、緊急的な検査や立入調査が無い場合は定時に仕事が終わります。休日もカレンダーとおりで有給休暇も取得できるのでプライベートを重視させることができます。

保健所の業務は多岐にわたっていますが、薬剤師の知識を生かして地域の薬事衛生・食品衛生・環境衛生の向上に携わるだけではなく、時には健康に関するアドバイスを行うなど地域住民により深く関わり地域社会に貢献できるというやりがいもあります。

    デメリット

  • 希望の配属先に決まらないことも
  • 専門的なスキルアップが難しい
  • 初任給は少ない

保健所(地方公務員)として働くデメリットとして、保健所に配属希望をしていても希望が通らないこともある点です。薬剤師が公務員として働く場合は健康安全センター、薬務担当部課、食品衛生担当部課、衛生研究所などに配属されることがあるので注意が必要です。

また時には公立病院の院内薬剤師に配属されることもあるので、調剤業務や服薬指導、薬歴管理などの業務を行うこともあります。一般的に公務員の場合は3年に1回のペースで配属先が変わるので、職場で専門的なスキルを追求して伸ばすことが難しいというデメリットもあります。

収入は勤続年数に応じて着実に上がっていきますが、初任給は調剤薬局やドラッグストア勤務に比べると少なく、若いうちに経済的に余裕があまりできないので奨学金の返済計画などをしっかりと立てておくことが大切になります。

保健所(地方公務員)へ転職する前のチェックポイント

    Check Point

  • 受験資格と年齢制限
  • 年収と福利厚生の変化
  • 公務員試験の勉強時間の確保

保健所(地方公務員)への転職を検討されている方は、まず公務員試験受験の年齢制限をチェックしておきましょう。受験する都道府県によっては異なりますが、一般的に35歳までの年齢制限を設けているところがほとんどなので、公務員への転職を検討されている方は早めに計画しましょう。

また一時的に年収が下がることが多いので、住宅ローンや生活費などについてもよく検討する必要があります。公務員になると副業ができなくなるため、家族経営の薬局で働くこともできなくなるので、管理薬剤師の担当者を変更するなどの手続きも必要となります。

公務員試験に合格するための勉強をしながら働くことも必要となるので、正社員をいったん辞めてパートやアルバイトとして働く薬剤師さんもたくさんいます。専門の転職サイトではコンサルタントがさまざまなアドバイスをしてくれるので、無料のサービスを一度受けられることをおすすめします。

保健所(地方公務員)の将来性

保健所は地域のさまざまな衛生保全に携わる仕事で、基本的に無くなることはありません。そのため安定した職種で、今後も採用人数が減少したりなど需要が落ち込むことは無いと考えられています。

また公務員なので福利厚生も充実しており、収入やボーナスも勤続年数に応じて着実に上がっていきます。ただし公務員試験に合格する必要があり、採用の条件が厳しいという特徴があります。

薬剤師専門の転職サイトでは、比較的安定している調剤薬局やドラッグストア、民間の病院薬剤師の求人情報を数多く取り扱っており、また専用のコンサルタントがキャリアプランに応じたおすすめの転職先をアドバイスしてくれます。収入をアップさせたい薬剤師さんはまずは複数の転職専門サイトに登録されることをおすすめします。

保健所(地方公務員)のまとめ

  • 地域衛生の保全・向上に公共サービスとして携わる
  • 公務員試験を合格することが必須で年齢制限もある
  • 薬剤師の資格は有利になり薬学の知識をいかして業務に貢献できる

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加