薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 薬剤師の職種 > 病院薬剤師の仕事・年収と将来性


病院薬剤師の仕事・年収と将来性

病院薬剤師の仕事内容や年収、求められるスキル、将来性などについて解説しています。

病院薬剤師の仕事内容と年収

以前は病院の中に院内薬局があり、病院に勤める薬剤師は診察を終えた患者さんに薬を調剤するのが主な仕事でした。現在では医薬分業が進み、処方せんを調剤薬局へ持っていき、外来の患者さんのほとんどが院外の薬局で薬をもらうことになっています。

そのため病院に勤める薬剤師は、入院患者に対して医師や看護師と連携し「チーム医療」として治療を行うのが主な仕事となっています。他の医療関係者とそれぞれの専門分野の観点から、患者さん一人一人に対して最適な医療を提供できるようにチームを組んで治療を行っていきます。

具体的な仕事としては、医薬品や注射薬の調剤・製剤、患者さんへの服薬指導と薬歴管理などがあります。また病院内の管理薬剤師になれば医薬品の管理や発注なども行います。

チーム医療

病院薬剤師の平均年収は400万円ほどで初任給が300万円ほどと他の職種に比べて低い収入になっていますが、さまざまなスキルを学べるということから新卒の薬学部生にとって人気の高い職種となっています。

病院薬剤師で求められるスキルや資格

    Check Point

  • 1:患者さんだけではなく医師・看護師とのコミュニケーション
  • 2:薬だけではなく幅広い医療知識
  • 3:治験や統計など臨床に関するスキル

病院薬剤師に求められるスキルとして、コミュニケーション能力があります。同じ病院に勤める他の薬剤師だけではなく、医師や看護師、栄養士といった他の医療関係者と患者さんの病症を確認・相談しながら、最適な治療方法について探っていきます。

また投薬後の血中における薬の濃度を測定して、患者さんの状態を見ながら治療を進めていく「薬物治療モニタリング(TDM)」を行うこともあります。投与後の患者さんの病状・症状の変化などを管理し、適切なデータ収集方法によって統計分析につなげる必要もあるため、臨床・治験に関連するスキルも求められます。

TDMによって得られたデータは、今後の治療を行う上で用法や用量、使用間隔などを決定するものとなるので、臨床の計画や患者さんへの説明、医師・看護師への薬学的なアドバイスなど、幅広い医療に関する知識や技術も求められます。

病院薬剤師へ転職するメリット・デメリット

    メリット

  • 患者さんとより深く関わることができる
  • チーム医療や専門的なスキルアップができる
  • 研修会や勉強会も充実している
  • 転勤はほとんどない

病院に勤務する場合、入院患者さんに対してベッドサイドで服薬指導を行ったり、薬物治療モニタリング(TDM)を行って血中の有効成分の濃度を調べ投与後の症状や病状について観察していきます。調剤薬局に比べて一人一人の患者さんとより深く関わることができ、治療の過程をそばで見られるのはやりがいにもつながります。

またチーム医療はもちろん、薬学の専門的なスキルアップを図ることができます。調剤薬局ではある分野の薬のみを調剤・製剤するのに対して、病院ではさまざまな種類の医薬品を扱うので幅広い分野の薬について詳しくなることができます。

認定薬剤師の資格を得るために特定の病棟における経験年数を条件としているものもあるので、経験を重ねればより専門的な薬学のプロフェッショナルとして活躍するこもできます。

製薬会社による勉強会、病院内での研修会なども盛んに行われているので、薬学だけではなく医学に関する知識も身につけることができます。また大学病院は治験センターとして認定を受けているところがほとんどなので、医薬品開発の臨床試験を現場で見ながら勉強することもできます。

いったん病院薬剤師として就職すれば転勤はほとんどなく、大きな系列病院の場合のみ転勤がある場合があります。○○会などの名前がついている病院は、転勤の有無を面接時に確認しておきましょう。

    デメリット

  • 採用が少なく、勤務エリアなどは選べない
  • 当直や土日勤務もあり、不規則なシフトになる
  • 収入は薬剤師の職種の中でも低い

病院薬剤師のデメリットは、まず採用数が少ないということもあり採用試験に突破しなければいけません。特に中途採用されるためには現在までのキャリアで得たスキルや、足りないスキルについてどう補うのか、転職活動に力を入れなければいけません。そのためまずは転職サイトに登録してエージェントやコンサルタントの力を借りるのがおすすめです。

また病院によっては新卒のみを募集条件にしていたり、また薬剤師を対象に研修制度を設けて1年間の研修を終えた薬剤師を優先して採用しているところもあります。採用数は増えつつありますが、通勤可能な範囲にある病院への転職が決めるまでには長期間が必要になることもあります。

病院薬剤師の初任給はおよそ300万円ほどで、薬剤師の職種の中でも低い部類に入ります。また当直勤務や土日のどちらかも勤務日になるなど、調剤薬局に比べて労働条件が厳しくなるのを覚悟しなければいけません。

病院薬剤師へ転職する前のチェックポイント

    Check Point

  • 習得したいスキルアップが望めるかどうか
  • 年収が下がった場合の対処法
  • 仕事中心の生活になる覚悟

病院薬剤師へ転職を希望する際にまず確認しておきたいのが、「自分がどのようなスキルを習得したいのか」、そして「どの病院では習得したいスキルをアップさせられるか」とう点です。

例えば大学病院や総合病院では治験や臨床に力を入れているところがあったり、がんやHIVなど特定の疾病に対する治療および緩和ケアに力をいれているところもあります。また院内薬局として調剤の役割を任されることもあるので、具体的な仕事内容について確認するようにしましょう。

またMRやドラッグストアから病院薬剤師へ転職する場合、ほとんどのケースでは年収が下がることになります。中には研修制度(有償)を受けるために、1年間は収入が無くなってしまうケースもあります。住宅ローンを組んでいる場合は返済計画にも大きく影響するため、収入と支出の計画についてもしっかりと対処法を考えておく必要があります。

病院薬剤師になると責任も大きくなりますし、労働条件など働きづらさを感じることもあるため長く続けられる覚悟も必要です。働きやすい病院を見つけるためには、まずは複数の転職サイトに登録して長い目で病院の求人情報を探し、エージェントから非公開求人を紹介してもらうことも大切なポイントです。

病院薬剤師の将来性

現在約52,000人ほどの薬剤師が病院で勤務しており、病院で働く薬剤師の数は毎年少しずつ増えています。また、2012年の報酬改定によって「病棟薬剤業務実施加算」が設けられ、薬剤師が病棟において薬学管理を行っている場合は病院に対して診療報酬としう形で報酬が支払われることになりました。

この条件を満たすためには各病棟に1人以上の薬剤師を常駐させてなくていけないので、今まで「ひとり薬剤師」で複数の病棟を担当させていた病院が減り、複数の薬剤師を雇用する病院も増えてきました。

採用枠がもともと少なかった病院薬剤師ですが、ニーズも増えてきていることもあって転職先としても候補の1つとなりつつあります。勤続年数を重ねると薬局長という立場で年収が増えるチャンスもあるので、病院勤務に興味がある方はまずは転職サイトに登録して募集を探されることをおすすめします。

病院薬剤師のまとめ

  • チーム医療として医師や看護師と連携して患者さんの治療にあたることができる
  • 調剤業務だけではなく、医学に関する知識など総合的なスキルが求められる
  • 報酬改定によって薬剤師の雇用を検討している病院が増えている

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加