薬剤師転職サイトの選び方 TOP > 薬剤師について > 認定薬剤師 > 認定薬剤師とは


認定薬剤師とは

認定薬剤師とはどのような制度なのでしょうか?現行種類やそれぞれの概要などについても紹介しています。

認定(指導・専門)薬剤師について

認定薬剤師とは、定められた研修に参加したり試験に合格することによって特定の専門分野において十分な知識・スキルを持っている薬剤師であることを認定する制度です。さまざまな医療分野の団体・学会がそれぞれに認定薬剤師制度を設けており、認定基準を定めています。

認定薬剤師を取得することにより、薬の専門家としてより高度な知識と技能を持っていることが証明されるので大きなメリットがあります。また認定薬剤師を取得後に実務経験や学術・学会活動の実績を積むことで「指導薬剤師」に、より高度な試験や基準を満たすことで「専門薬剤師」の認定を受けることができ、キャリアアップの大きな手助けにもなります。

認定薬剤師には大きく3つに分類され、必要な研修を受けて申請することで認定される「研修認定薬剤師」、特定の専門分野に関する知識やスキルを持った人に認定される「専門領域薬剤師」、そしてより高度な知識をもった薬剤師に与えられる「専門薬剤師」があります。

認定薬剤師の分類 概要
研修認定薬剤師 年間を通じて必要な研修(単位)を受けて申請することで取得、学会参加や書籍・e-ラーニングによる勉強など。
専門領域薬剤師 がんや妊婦、感染制御など特定の医療分野における知識・技能を持つことを証明する認定制度。さまざまな団体・学会が独自に設けている。
専門薬剤師 専門領域薬剤師を取得した上でさらに高度な専門知識・スキルを身につけていることを証明する認定制度。

認定薬剤師制度の種類

認定(専門)薬剤師には下記のようにさまざまな種類の制度が設けられているので、自身の職種に関わるものやキャリアアップにメリットがあるものを選び取得を目指すようにしましょう。下位の認定薬剤師を取得後に上位資格である専門薬剤師の資格取得へのステップアップもできます。

認定薬剤師
(認定団体)
概要
研修認定
薬剤師
研修認定薬剤師
(日本薬剤師研修センター)
最新の医薬品情報や薬物療法などについて勉強成果について、一定期間内(新規4年以内、更新3年毎)に所定の単位取得を申請することで認定される
専門領域
薬剤師
漢方薬・生薬認定薬剤師
(日本薬剤師研修センター)
漢方薬・生薬に関する専門的知識を身に付けた薬剤師であることを認定(3年毎更新)
小児薬物療法認定薬剤師
(日本薬剤師研修センター
日本小児臨床薬理学会)
小児薬物療法分野において一定の能力・適性を持っていることを認定
認定実務実習指導薬剤師
(日本薬剤師研修センター)
6年制薬学生に対して医療の現場における実務実習で指導できる技能を持つことを認定
がん薬物療法認定薬剤師
(日本病院薬剤師会)
がん薬物療法に関する専門的な知識・技能を有していることを認定、上位の専門資格としてがん専門(指導)薬剤師
感染制御認定薬剤師
(日本病院薬剤師会)
消毒薬や抗生物質など感染防止に関する専門的な知識を有していることを認定、上位の専門資格として感染制御専門(指導)薬剤師
精神科薬物療法認定薬剤師
(日本病院薬剤師会)
向精神薬などに関する専門的な知識を有し精神疾患患者のための処方管理を行う、上位の専門資格として精神科薬物療法専門(指導)薬剤師
HIV感染症薬物療法
認定薬剤師
(日本病院薬剤師会)
HIV(AIDS)に対する薬物療法、高度な知識と技術を有していることを認定、上位の専門資格としてHIV感染症薬物療法専門(指導)薬剤師
妊婦・授乳婦薬物療法
認定薬剤師
(日本病院薬剤師会)
上位の専門資格として妊婦・授乳婦薬物療法専門(指導)薬剤師
日本医療薬学会認定薬剤師
(日本医療薬学会)
実務経験に基づいた一定の知識・技能、学術・研究の実績を備えていることを認定
認定CRC
(日本臨床薬理学会)
臨床研究の専門職であるCRC(臨床研究コ-ディネ-タ-)に関する専門知識・技術を備えていることを認定
緩和薬物療法認定薬剤師
(緩和医療薬学会)
緩和薬物療法に貢献できる知識・技能・態度を有する薬剤師を認定
救急認定薬剤師
(日本臨床救急医学会)
救急医療における薬物療法に関する高度な知識、技術、倫理観を備えていることを認定
医療情報技師
(日本医療情報学会)
情報処理、医学医療、医療情報システムに関する専門的な知識・技術を有することを認定
外来がん治療認定薬剤師
(日本臨床腫瘍薬学会)
外来がん薬物療法および関連する領域の知識と技術を有していることを認定
プライマリ・ケア認定薬剤師
(日本プライマリ・ケア学会)
プライマリ・ケアに関する知識、技能および態度を修得することを目指し、試験に合格したものを認定する
認定指導者(認定指導薬剤師)
(日本禁煙学会)
禁煙外来などで禁煙指導などを行い禁煙に関する論文提出などで認定、上位資格に認定専門指導者
糖尿病療養指導士
(糖尿病療養指導士認定機構)
糖尿病療養指導についての豊かな知識と経験を有していることを認定
在宅療養支援認定薬剤師制度
(日本在宅薬学会)
在宅や居住系施設での療養患者、がん患者への在宅治療に関する専門的な知識・技術を有していることを認定
抗菌化学療法認定薬剤師
(日本科学療法学会)
抗菌化学療法に対する十分な見識や経験を備えていることを認定
スポーツファーマシスト
(日本アンチ・ドーピング機構)
最新のドーピング防止規則に関する正確な情報・知識を有しており、 競技者などに対し薬の正しい使い方の指導などを行う
サプリメントアドバイザー
(日本サプリメントアドバイザー認定機構)
保健機能食品やサプリメントに係る専門知識を有し、適切な助言や指導ができる技術を備えていることを認定
専門
薬剤師
がん専門(指導)薬剤師
(日本医療薬学会)
上記参考
薬物療法専門薬剤師
(日本医療薬学会)
上記参考
感染制御専門薬剤師
(日本病院薬剤師会)
上記参考
精神科専門薬剤師
(日本病院薬剤師会)
上記参考
妊婦・授乳婦専門薬剤師
(日本病院薬剤師会)
上記参考
HIV感染症専門薬剤師
(日本病院薬剤師会)
上記参考
日本禁煙学会認定専門指導者
(日本禁煙学会)
上記参考
栄養サポート(NST)
専門薬剤師
(日本静脈経腸栄養学会)
静脈栄養・経腸栄養を用いた臨床栄養学に関する優れた知識と技能を有していることを認定
医薬品専門情報
専門薬剤師
(日本医療情報学会)
上記参考
腎臓病薬物療法
専門薬剤師
(日本腎臓病薬物療法学会)
透析・腎移植、CKD診療など幅広い腎臓への薬物使用に関わる一定以上の知識・技能を兼ね備えていることを認定

参考リンク
・Wikipedia:「認定薬剤師

認定薬剤師のまとめ

  • 最新の医薬品情報や特定領域の知識・技術を有していると認められた薬剤師が認定を受けることができる
  • それぞれの制度ごとに認定に必要な単位や学会参加、学術発表、症例数などが定めらている
  • 認定薬剤師を取得することで収入アップやキャリアチェンジなどのメリットを受けることができる

『非公開求人を紹介してもらって年収アップ!!』

なかなか自分の希望に合う求人が見つからなかったのですが、
他サイトにはない非公開求人で年収を150万円以上アップすること
ができました。専任コンサルタントにおまかせできるので便利です。
正社員だけではなく派遣やアルバイト・パート求人も豊富です。

↓↓↓ 今すぐ登録して転職サポートを受ける ↓↓↓

↓↓↓ 全国求人から一括で検索するならコチラ ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加